2008年10月27日

子連れで食事に最適♪

先日25日(土)に、ランチ交流会を行いました。

今回は、残念ながら、なのか、逆に良かったのか、身内ばかりのランチ会になりました。

しかし、久しぶりにみんなで楽しくランチが出来てよかったです。

しかも、日曜日ということで、保育士さんも二人体制で、子供たちのこともあまり心配せず、安心して食事が出来ました。

もう一度、ちょっと簡単にお店のことを紹介しておきますね。




お店は、福岡市早良区次郎丸というところにあるパスタ屋さん「ピエトロ次郎丸店」で、このお店の売りは、なんて言っても、保育士さんの居てくれるキッズルームです(^▽^)


20060731〓〓〓〓〓〓〓〓[〓.jpg



我が家は、暴れ盛りの子供たちが三人居るので、普段でもキッズルームがあるか、どうかで食事に行く店を決めたりすることが多いのですが、大体、どこの店に行っても、あるにはあるけど、

「狭いから、子供たちが溢れちゃう」とか、

「ただスペースがあるだけで、おもちゃのひとつもない」とか、

結構キッズルームとは、名ばかりってお店が多くて、子供もすぐ退屈になって走り回ったりするから、ママを休ませるために、とか、気分転換に。と思って食事に出るのに、返ってお店の人に気を遣ったり、周りのお客さんに気を遣ったり・・・いつもがっかりしていました。

その点、ここのキッズルームは、中に保育士さんが常駐してくれるので安心(^▽^)

フルタイムではないらしいですが、コアタイムは、いてくれて、子供と遊んでくれたり、絵本を読んでくれたりします。

ただ、基本は、ママやパパもいっしょにいるというスタンスの様です。

でも、まぁ付きっきりにならなくてもいいし、何よりも他の誰かが、いっしょに子供の相手をしてくれるというだけで、ママさん的にはすごく助かりますよね。

20060731〓〓〓〓〓〓〓〓[〓??¨??.jpg



キッズルームは、ガラス張りになっているので食事しながらも、子供たちの様子が見えるようになっていて、安心。

もちろん、今回は、キッズルームのガラス窓にある席を予約していたので、バッチリでした!



ただ、ランチ交流会としては、どうかな?と思いました。

その理由は二つ。

一つ目は、子連れのパパさんママさんに、あまりに人気があり過ぎて、待ちの行列が出来てしまって、気になってゆっくり話が出来ないこと。

二つ目は、交通の便が良くないこと。

交通手段を持っていないと、ちょっと子連れでは、厳しいかも?という場所なんですよねぇ。



やっぱり、次回は、「ゆずのき」に戻そうかな?
過去記事でも、コメント大!大!大!歓迎です! あなたの一言が、私のモチベーションにつながります! コメントお待ちしておりま〜す(^▽^)/
この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
sSbtx9hu
Posted by hikaku at 2009年06月24日 10:10
hikaru様
こんばんは!コメントありがとうございました。

さて、相互リンクのご依頼に関してなのですが、貴サイトを拝見したところ、サイト名が「比較サイトA」ということで、推察するに、同一テーマのカテゴリ別ポータルサイト的なものなのでしょうか?

なんというか・・・誘っていただくのは嬉しいのですが・・・拙ブログに合致するカテゴリが無いような・・・^^;

>コンテンツを充実させていきたい

ということなので、今後拙ブログの合致するカテゴリ(というか、思い付きや自分軸の勝手な思い込みを記事にしているような自分勝手なブログなので、カテゴリ分けできないのでは?)を作られる予定なのかもしれませんが、運営方針やヴィジョンなどもちょと探しきれなくて分かりませんし、更新も気まぐれな拙ブログを登録させていただいたが故に貴サイトの品格を落としてしまうなどの迷惑をおかけすることになるやも知れませんので、今回のお話は辞退させていただきたいと思います。

申し訳ありません。

Posted by 大塚陽一 at 2009年06月30日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。