2008年11月30日

今日の一言【相田 みつを】

あやまちや失敗をくり返したおかげで

 人のことをいう資格のない自分に気がつきました







aidamituwo.jpg

                 【相田 みつを

(あいだ みつを、本名は相田光男)

1924年5月20日 - 1991年12月17日。

詩人・書家。

栃木県南西部の足利市に生まれる。

栃木県立足利中学校卒業後、歌人・山下陸奥に師事。

1942年に曹洞宗高福寺の武井哲応老師と出会い、在家しながら仏法を学ぶ。

1943年に書家である岩沢渓石に師事、全国各地で展覧会を開催。

1991年12月17日、足利市内の病院で、脳内出血により永眠する(満67歳没・享年68〈数え年〉)。








相手も人間、私と同じ、あなたと同じ。

間違えたり、勘違いしたり、うっかりしたり、熱くなり過ぎたり、思わず口に出してしまったり、つい手が出てしまったり、つい言えなかったり、つい考え過ぎたり・・・しちゃうことありますよ。

あなたも、私も、覚えがありますよね。

もし、適うのなら、もう一度時間を巻き戻して、あの失敗を帳消しにしたい。

もう一度やり直せたら、どんなにいいか。

そういう恥ずかしい、情けない、申し訳ない経験って、ありますよね。

相手も、同じですよね。

つい、完璧を求めてしまいますけどね(^ー^;)





posted by 大塚陽一 at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・許すスイッチ
過去記事でも、コメント大!大!大!歓迎です! あなたの一言が、私のモチベーションにつながります! コメントお待ちしておりま〜す(^▽^)/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110459076
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。