2009年02月25日

デフ・スクール:DEAF SCHOOL

今日は、大塚がかなり大きな影響を受けて、しかもほとんどパクリ同然の曲を作ったりした英国のアーティスト「デフ・スクール:DEAF SCHOOL」を紹介します。

deaf_school_70s_badge.jpg

1976年〜1978年にかけて活躍したリバプール発ブリティッシュ・ポップン・アート・ロック・グループ(爆)です(^▽^)

日本では、あまり有名でないようで、大塚も音楽好きな連中と話をしてきて、「デフ・スクール」と言って、知っている人と会ったことがないような気がします(記憶が確かなら)最近自信ないですが・・・(^^;)



LPを子供に割られ、注文しようにもCDは、すでに廃盤扱いになっていて、期間限定で再結成した際のライヴアルバム一枚しか手元になく、さびしい思いをしていましたが、最近再販され、CDという形ではありますが、めでたく全部手に入れることが出来ました(^^)



deafschool.jpg

とにかく、その音楽センスにあこがれていました!

必要なところに必要な音が来て、余計な音はまったくないアレンジセンスと、男女混声のヴォーカルで、リフを声でかぶせてたりするところとか・・・ギターが身勝手な自己主張しないとことか・・・ラッパ隊を率いてちょっとしたオペラを聴いている感覚・・・ようつべを観ていたら、彼らの動画を発見しましたので、ぜひ一度聴いて見て下さい!

きっと気に入ると思いますよ(^▽^)



やっぱり、この曲からでしょう!
「What a Way to End It All」







「Taxi」!







名曲!「2nd Honeymoon」







最後は、「My Fear Lady」というほぼ完全なパクリ曲(爆)を作っちゃった「Final Act」






やっぱり、一枚目が一番お勧めです!





二枚目!






三枚目!







三枚のアルバムの曲+シングルB面曲のアンソロジー!



絶対!お勧めです(^▽^)ノ
posted by 大塚陽一 at 22:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽スイッチ
過去記事でも、コメント大!大!大!歓迎です! あなたの一言が、私のモチベーションにつながります! コメントお待ちしておりま〜す(^▽^)/
この記事へのコメント
こんにちはイーチ大塚さん。
ブログに載せて頂きましてありがとうございます。

デフ・スクール 知ってますよ!一瞬目を疑いました!昔CD持ってました。残念ながら手放して手元にはありませんが…ベスト盤か何かです。

「WHAT A WAY … 」は代表曲ですよね。♪チャンチャカ チャカ チャ…♪とウクレレか何かのイントロだった気がします。
20年前の松尾清憲のFM番組で知りました。
名前の由来は確か「聾唖(ろうあ)学校で練習してたから」とか‥違ったらすみません。自分も知ってる人一人くらいにしか会ったことないです。
自分についての書込みと同じ画面に見付けたのはほとんど奇跡ですね!

こちらもありがとうございます(笑)

Posted by 太田ススム at 2009年03月08日 13:24
訂正です。ベスト盤じゃなかったです。完全に思い出しました。携帯はジャケの写真映ってなくて、「Don't Stop The World」でした。

Posted by 太田ススム at 2009年03月08日 21:29
太田ススムさん!
コメントありがとうございます(^▽^)

今まで大塚の知り合いに、デフ・スクールを知っている人は居ましたが、アルバムを所有していた方は、太田さんが初めてです(^▽^)

なんだか親近感が沸いて嬉しいです(^▽^)

太田さんの作る曲は、メロディが綺麗で透明感もあって、いいですね〜!

いつか妻と一緒にライヴに行きたいと思っているので、その時は宜しくお願いします(^▽^)ノ


Posted by 大塚陽一 at 2009年03月09日 09:36
こちらこそありがとうございます(^-^)

是非、ライブにお越し下さい。お待ちしてます!

更に記憶が蘇って来ました!「2ND HONEYMOON」も持ってました。15年前…一気に100枚くらいCD手放したことあって(T_T)…少しずつ取り戻してます。

「AFTER THE RAIN」の「STATION」「GRAPE」を気に入って下さってるとのことで、<もしかして‥>と思ってましたが少し謎が解けました。

透明感‥ありがとうございます。不透明感も出してみたいですw
Posted by 太田ススム at 2009年03月09日 18:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114810338
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。