2009年04月10日

ミック・ロンソン:Mick Ronson

大塚的には史上最も正当な評価を受けていないギタリスト・・・というか、無冠の帝王と思う他に類を見ない不世出のギタリスト。

それがミック・ロンソンです。

mickronson.jpg


彼が居なかったら、デヴィッド・ボウイも、聴かなかったかもしれません。

それだけプロデュース能力も高い、ギタリストでした。

mickandbowie.jpg




大塚が最後にやったバンド「GO TO MEXICO」時代によく練習中にカバー曲を演奏していました。


最後のライヴでも演奏した曲「Only After Dark」です↓






オープニングで流した「Growing Up And I'm Fine」






名作「Music is lethal」






そして・・・そして「All The Young Dudes」











posted by 大塚陽一 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽スイッチ
過去記事でも、コメント大!大!大!歓迎です! あなたの一言が、私のモチベーションにつながります! コメントお待ちしておりま〜す(^▽^)/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。