2014年03月29日

Break These Chain









あいたい


でも


手を・・・


手を離すから


手を・・・


手を離すから


手を、手を離す・・・














さて、今日紹介する「Break These Chain」は、私の心を決定的にチャラちゃんの虜にしてしまった曲です。








「Break These Chain」 作詞作曲:CHARA


自分のしたことに驚いて泣きたくなる

考えてる余裕ないよ

だって、その声をもう一度聞けるなら・・・



あたしのお願いを聞いてくれるつもりなら

明日会えるでしょう?

怖い顔したりしないから



もう、戻れないの?



あの人に嫌われる・・・

無関心よりマシね・・・

男だから仕方ないこと

なんて納得できるような大人になんて



あたしのお願いを聞いてくれるつもりなら

明日会えるでしょう?

怖い顔したりしないから



ねぇ・・・ねぇ・・・ねぇ、あなたから、手を伸ばして

手を、手を、手を、手を・・・

あなたから



「もっと、そばにおいで」って言って

頭の中で言うのよ

いいえ

嫌われてもいいのよ

泣かないで、誰も悪くない



ほんとのこと

本当の気持ち



あたしのお願いを聞いてくれるつもりなら

明日会えるでしょう?

怖い顔したりしないから



ねぇ・・・ねぇ・・・ねぇ、あなたから、手を伸ばして



手を、手を、手を、手を・・・



あなたから



手を・・・



いいの?



いいの?



いいの?



いいの?



離ればなれ



いいの?



いいの?



あいたい



あいたい



でも



手を・・・



手を離す彼



手を・・・



手を離す彼



手を、手を離す・・・





「PiCNiC」や、「LoveLetter」「スワロウテイル」で有名な岩井俊二監督が、この曲を聴いてインスパイアされて「Fried Dragon Fish」を撮ったというのは、ファンの間では有名な話です。







確かに「Fried Dragon Fish」で、芳本美代子(みっちょん)嬢扮するヒロイン「ぷぅ」は、チャラっぽさ全開キャラですからね。


しかも、浅野忠信扮する男の子が、消えた後、スクーターに乗る「ぷぅ」を追いながら、この曲がかかるエンドロールは、激涙必至です!











私は、常々映画の完成度は音楽に左右されると思っていますが、「Fried Dragon Fish」を観ると、それが更に確信めいたものに感じるはずです。



劇中、なんとなく流していたあのシーン、このシーンが、全部このエンディングでかかる「Break These Chain」につながる布石だったなんて!ということになると思います。






因みに最初私は

「手を、手を離す彼」

の歌詞を、

「手を、手を離すから」

と思っていました。



「いいの?いいの?離ればなれになってもいいの?いい?手を離すからね。私から手を離すからね!(あなたから手を伸ばして、私の手を握って有無を言わさぬ力で、「もう離さない」って言って!)」



という女の子の可愛い願望を歌っているのだと思っていました。




【中古】【CD 邦楽】Chara SWEET【中古】afb【10P28Mar14】

価格:300円
(2014/3/29 23:14時点)
感想(0件)



芳本美代子 コンプリート・80'sシングルズ [ 芳本美代子 ]

価格:2,149円
(2014/3/29 23:19時点)
感想(2件)



【直輸入 輸入新車 スクーター150cc】ベスパ LX150 3V VESPA LX150 3V

価格:318,754円
(2014/3/29 23:17時点)
感想(0件)


posted by 大塚陽一 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・Charaちゃんスイッチ
過去記事でも、コメント大!大!大!歓迎です! あなたの一言が、私のモチベーションにつながります! コメントお待ちしておりま〜す(^▽^)/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393073054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。