2014年04月20日

ダウンタウン・ボーイ:DOWNTOWNBOY





クレイジー・エンジン

ばらばらのロンリーを

すり抜けてHere comes the night



すべてをスタートラインに戻して

ギヤを入れ直してる君



オールナイト・ムービー

入り口の前では 

くわえタバコのブルーボーイ

たったひとつだけ残された

最後のチャンスに賭けている













「ダウンタウン・ボーイ」というのは、佐野元春さんの名曲でシングル曲でもあり、3rdアルバム名盤「サムデイ」に収録されている曲です。









数々のバージョンが存在する曲で、人それぞれどのバージョンが好きなのかは好みが分かれるところだと思いますが、私はどのバージョンも、それぞれの良さを感じるので好きですねぇ・・・(^ー^)



ただ、一番思い入れがあるのは、シングルバージョンの「ダウンタウン・ボーイ」です。





この曲をはじめて聴いたのは中学生の時でしたが、当時8ミリカメラで映画を撮ることにハマっていた(まぁ、映画と言っても一本が数分単位のもので、結局最後まで編集が完了させてないんですけどね・・・今でも実家の倉庫に眠っている)のですが、私の所有するカメラが、マイクを挿さないと音声を録音出来ないタイプで、当然中学生の財務状況では無声映画を撮らざるを得なく、音の出る映画を撮ることに異様に憧れていた頃ですね。ちょうど・・・

で、映画のオープニングシーンを想定して、カセットテープ(っていうの知ってますか?今時分からないですかね?)に録音したのが、この佐野元春さんの「ダウンタウン・ボーイ」のシングル・バージョンでした〜(^▽^)





オープニングシーンは、坂の上から自転車のペダルに足をかけて、駆け下りるシーンからスタートするんですが、疾走感をうまく表現するために何回も坂の上から自転車で滑り降りていたので、時々自転車の荷台から落ちたり、もう一台の自転車に乗りながら撮って、使えない絵ばっかり撮って大分フィルムを無駄にした事を思い出しましたね〜(^―^;)



何もとりえが無いと思い込んでいる少年が主人公で、周りから異端児として仲間はずれにされてしまう中国武術の腕っぷししかとりえの無い少年との出逢いによって、お互いに成長するストーリーだったので、少年らしく、そして疾走感に溢れるオープニングにしたくて「ダウンタウン・ボーイ」のシングルバージョンを選びました。


ただ、今のようにしっかり録音機材が充実しているわけでもなく、カセットデッキ二台を向かい合わせにして一方のデッキで再生して、一方のデッキで録音という離れ業で、かなり音悪かったです(T介T)



でも、本当にいい思い出ですよ(>▽<)ノ






LIVEバージョンしか見付けられませんでした↓






「ダウンタウン・ボーイ」

words & music 佐野元春



ハニー・チェリー

疲れた心さえセクシーに Shakin' in the night

夜のメリーゴーランド

毎日が迷子のアクロバット

Marvin Gayeの 悲しげなソウルにリズム合わせてゆけば

この街でまたひとつ誰かの愛を失いそうさ



DOWN TOWN BOY

DOWN TOWN BOY

強がってばかりの Runaway

夜を抱きしめて

ここにもひとり あそこにもひとり

But it's alright.Yes he's a Down Town Boy




Maybe Baby ためらう素ぶりさえセクシーに Shakin' in the night

本当のものより きれいなウソに夢をみつけてるあの娘

そんなに見つめないで

心わけあえられないなら

この街でまたひとつ誰かの愛を失いそうさ

DOWN TOWN BOY

DOWN TOWN BOY

気取ってばかりの Runaway

恋を抱きしめて

ここにもひとり あそこにもひとり

But it's alright.Yes he's a Down Town Boy

Boyfriend Girlfriend 大切な My friend

あの輝きは 変えられない

いつまでも お前にキスしていたいのに




クレイジー・エンジン

ばらばらのロンリーをすり抜けて Here comes the night

すべてをスタートラインに戻してギヤを入れ直してる君

オールナイト・ムービー

入り口の前では くわえタバコのブルーボーイ

たったひとつだけ残された最後のチャンスに賭けている

DOWN TOWN BOY

DOWN TOWN BOY

センチメンタルな Runaway

明日からのことも

分かんないまま 知りたくないまま

But it's alright. Yes he's a DOWN TOWN BOY






※当記事は拙ブログ過去記事を加筆訂正したものです。



ベリー・ベスト・オブ・佐野元春「ソウルボーイへの伝言」 [Blu-spec CD] / 佐野元春

価格:2,407円
(2014/4/20 22:54時点)
感想(4件)



THE SINGLES EPIC YEARS 1980-2004 [ 佐野元春 ]

価格:3,600円
(2014/4/20 22:56時点)
感想(12件)



【送料無料】 佐野元春 サノモトハル / ZOOEY 【デラックス盤】 【CD】

価格:4,443円
(2014/4/20 22:55時点)
感想(6件)


posted by 大塚陽一 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・冬のライオンスイッチ
過去記事でも、コメント大!大!大!歓迎です! あなたの一言が、私のモチベーションにつながります! コメントお待ちしておりま〜す(^▽^)/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。