2016年05月05日

こどもの日に思う





つのつくうちは

ひざのうえ





【子育てに関する日本の言い伝え】











こどもの日(こどものひ)とは、日本における国民の祝日の一つで、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という趣旨で、1948(昭和23)年7月公布・施行の祝日法によって制定されたゴールデンウィーク(GW)を構成する休日の一つです。


この日の前身は、もともと旧暦の五月五日のこどもの日で、グレゴリオ暦の同じ5月5日に移されたものでした。


旧暦五月というと梅雨の時期であり、体調不良、病気、不衛生を起こさない為に、この時期にもっとも盛りのある菖蒲(しょうぶ=サトイモ科の植物、花ショウブとは異種)を使い、酒を飲んだり風呂に浸かったりすることで健康と繁栄を賜る祀りで「五月忌み」といわれていました。

特に田植えの時期とも重なり、秋の豊作を願って、巫女や神官は祓い清め、早乙女(若い清らかな女性のこと)が儀式として最初に田植えをしました。

植物と自然の生命力をいただき、梅雨と、その後の続く暑さ厳しい夏の季節に向けて、人々の力と気持ちを集め乗り越えようと祀ることでした。




一方、大陸では、三世紀ごろ楚という国で、これも旧暦五月五日に「ちまき」を食べる風習ができて、「端午」という節句(年中行事を行う季節の節目)のひとつになったといわています。

この楚の国の国王の側近が失脚し、失意の内に川に身を投げるという事件があって、人望厚かったその側近を偲んで国民が、川に「ちまき」を投げ入れることで、魚がこの側近の身体を喰いちぎらないように、と願ったと言い伝えられています。

まさに中国っぽい血なまぐさい言い伝えですね。




さて、「五月忌み」の祀りに「端午」の風習を受け入れた当時の日本人は、これを日本人の健康と日本人社会の繁栄を祝う「端午の節句」という祀りとしてハイブリッド(異なった要素を混ぜ合わせて・または組合わせてよりよく)して伝えてきました。

これが、武家中心の社会になると必然的に、当時の社会規範であった武家のあととり即ち男の子の成長が大いに祝われることになりました。







菖蒲(しょうぶ)が「尚武(武道・武勇を重んじること)」や「勝負」と同じ発音であることや、葉の形が刀に似ていることも武家に気に入られ、文化としての広がりを助けました。







大陸から伝わってきた楚王の側近への餞として川に投げ入れられた「ちまき」は、日本では殺菌と防腐のため、笹や藁で包んだり、灰汁で煮たりされ、より洗練された食文化となりました。






また、柏は新しい葉の芽が出るまで古い葉が落ちないことから、その柏葉で包む柏餅が、武家の間で「家系が絶えない」という縁起物として好まれました。






戦乱の世が終わり、平和な江戸時代になると、先祖伝来の鎧、兜、刀が虫干しを兼ねて奥座敷に飾られるようになりました。

男児の活き活きとした様子を表現する五月人形も好まれました。







そして、この日、玄関には幟(のぼり)をたて家長が男児に、侍らしく世の中の手本となるよう訓示を垂れました。

その幟を承認の洒落た趣向で鯉形にしたものが「こいのぼり」で、これは大陸の故事で、黄河の中ほどにある龍門という流れの強い滝を登りきると龍になるとされる鯉をデザインしたものだと言われています。







色々と「こどもの日」や「端午の節句」を調べてみると、「男の子のまつり」とか「古代中国から伝わった」とかいう説明に出逢いますが、それらは間違いや勘違いや欺騙(ぎへん)や故意のディスインフォメーション(偽情報)だと思います。



「端午の節句」は、日本人の健康と日本社会の繁栄の為に日本で生まれた祀りなのです。



日本人の特長であるハイブリッドの一つの要素(ちまきや滝登り)を大きく取り上げて「中国伝来の風習」などと決め付ける姿勢は、いかがなものかと思います。

男女の別なく、次代を担うこども達の健康と長寿、日本社会の繁栄を祝う日本古来から伝わる伝統的な祀りということで誇りを持っていいのではないでしょうか。





3月3日がひな祭りで、女の子の日で、5月5日のこどもの日が、どちらかというと男の子の日というイメージが強いため、間の4月4日がオカマの日!なんて笑い話もありますが・・・

そういう洒落っ気まで目くじら立てて糺そうとするのも、同じ日本人としていかがなものかと、思いますよ(^^;)




さて、我が家の家族は毎年五月五日は、大分の玖珠町で行われる童話祭りに行っていましたが、今年は熊本と大分の震災の影響で、童話祭りが中止になったのでいけませんでした。

震災で辛い思いをしたこども達も、今日の日を祝って、一日も早く元気な笑顔と幸せで平和な毎日を取り戻せますように。











posted by 大塚陽一 at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本スイッチ
過去記事でも、コメント大!大!大!歓迎です! あなたの一言が、私のモチベーションにつながります! コメントお待ちしておりま〜す(^▽^)/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。