2016年05月05日

ドロシー・キルガレン Dorothy Mae Kilgallen





米国が外部から滅ぼされることは決してない。



もし我々が行き詰まり、

自由を失うことがあるとすれば、

それは我々が自分自身を滅したからだ。








【エイブラハム・リンカーン】








ケネディ暗殺事件に関しては、前から言っていた通り、リタイアしてから調べようと思っていますが、今の内から少しずつ情報を集め始めようと思っているので、これからもケネディ関連の記事が少しずつ増えていくと思います。

で、今回は、有名なケネディ事件の目撃者や関係者が次々と不振な死を遂げていることから、口封じじゃないか?と言われていますが、そこらあたりも一人一人調べていきましょうかということで、「消された?関係者」というカテゴリをこさえてみました。

まずは、以前書いたウォーレン委員会の一員でもあったヘイル・ボッグスをカテゴリに加えて、その第二弾ということで、日本にいても結構情報が集まりやすいんではなかろうかというハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにも名前が刻まれるほどの有名人、ドロシー・キルガレンについてアップしようかと思います。

dorothy_kilgallen_television.jpg


・・・ということで、調べ始めたのは良いのですが、全然日本語で探せる情報がほとんどなく、また、私自身は全然英語ができないので、かなり苦戦しました。



何とかまとめた情報ですので、間違いや勘違いもあるかもしれませんが、そのあたりは生暖かい目で見守っていただけると幸いです(笑)




images.jpg



ドロシー・キルガレン(Dorothy Mae Kilgallen)

1913年7月生まれ。

彼女は、有名なジャーナリストであり、ラジオの長寿番組のDJであり、お茶の間に人気のTV番組「What's MY LINE?」のレギュラーパネリストとして、アメリカでは誰でも知っているような有名人でした。



彼女は、ジャーナリストである前に、マリリン・モンローと個人的な親友でもあったため、モンローの相談相手として、ケネディ大統領との関係についての相談(モンローとケネディは付き合っていたといわれています)を受けていたこともあり、モンローの死に不信感を抱き、個人的に調べていました。

images (1).jpg



その後、JFKが暗殺され、その事件を調査したウォーレン委員会の調査報告書に疑問を抱き、公式な暗殺実行犯オズワルドを射殺したジャック・ルビーにインタビューした唯一のジャーナリストと言われています。

「ケネディ暗殺事件の謎が解けてきた」と親しい友人に漏らしていた矢先の1965年11月7日、薬の過剰摂取が原因で死亡してしまいました。

自殺とも事故とも言われましたが、事実は解明されないまま現在に至ります。






さて、このキルガレンの死について、謀殺ではないか?という声が当時からあがっていました。

彼女は、ゴシップも書いていましたが、もともと政治や組織犯罪専門のジャーナリストで、有名なところでは、映画やTVシリーズの「逃亡者」のモデルとなったサム・シェパード事件やキューバのフィデル・カストロ暗殺計画を追っていました。

また、UFO問題についても多くの記事を残しているので、トンデモ扱いされることもありますが、その姿勢は基本的には論理実証主義にもとづいたものでした。



JFK暗殺事件後は、ウォーレン報告の内容に対する疑問や、暗殺事件の目撃者に対するFBIからの脅迫に関して新聞に記事を書き、独自に調査を始めました。




例えば、ダラス警察署の事件当日の無線記録を分刻みで記録する為、当時の警察署長ジェシー・カリーから記録を手に入れていました。

また、暗殺事件の8日前にジャック・ルビーとJ・D・ティピット(ダラス署の警察官で暗殺当日何者かから射殺され、オズワルドの逮捕容疑はこのティピット射殺容疑だった)とバーナード・ワイズマン(現在はH.L.ハントの別名だと判明していますが、当時はまだ判明していなかった)が、カルーセルクラブでミーティングを持っていたこと。また1964年9月に、ティピット殺害事件の目撃者で、犯人は二人組でオズワルドとは似ても似つかない別人だったとダラス署の警官に証言して、「その証言をすると危険だ」と警告を受けていた女性(彼女はウォーレン委員会から証言を求められなかった)からの証言を得たりしていました。





そして、JFK暗殺犯と目されたリー・ハーベイ・オズワルドを射殺して刑務所にいたジャック・ルビーへの単独取材を行った唯一のジャーナリストだったことから、JFK暗殺の黒幕から目をつけられていたのではないかということなのです。

さらに、1965年10月にニューオーリンズで、新しい有力情報を得たと暗殺の研究家で弁護士でもあるマーク・レーンに話しており、11月7日、「5〜6日で、この事件について公表するつもり」だと友人に告げて、これも友人であるアール・E・T・スミス(元駐キューバ大使)夫人(フローレンス・プリチェット・スミス)に、自身で調べた暗殺に関する資料のコピーを渡し、翌8日早朝彼女は自分の自宅で死体で発見されました。

死因は、アルコールとバルビタール(睡眠薬)の過剰摂取でした。

彼女の夫が浮気していたことが判明していて、彼女が悩んでいたという証言もあり、また、争った後も暴れた痕跡も無い為、自殺だと断定され、今日に至ります。




ここまで見ると、何も謎は無いように感じるかもしれません。

しかし、実際はおかしなことがたくさんありました。




まず、ドロシーが亡くなったのは、1965年11月7日に人気TV番組「WHAT'S MY LINE!?」の収録を終えた数時間後のことなのですが・・・




images (3).jpg


まずは、その回の動画でドロシーの様子をご覧下さい。











いかがでしょうか?

当日ドロシーと逢った出演者も関係者も、皆一様に普段と変わった様子は無かったと証言しているようです。

私も動画を拝見したところ、表情表出に変な様子も過剰な様子も見られないと思いました。





次に、バルビタールの過剰摂取ということで、普段から飲んでいる薬を自殺の為に過剰に摂取したというイメージで見ていましたが、当時の彼女が睡眠薬を常用していたという証言は見当たりませんでした。

・・・とすると、どうやってバルビタールを入手したんでしょうか?



また、一説には致死量の十人分バルビタールが検出されたという情報もありますが、バルビタールを飲んで死に至るには少なくとも52錠、多ければ89錠が必要だということなので、その十倍ということは少なくとも520錠となります。

もし、自殺に見せかけた他殺でも、これだけの量を摂取させるのは無理があります。

よって、この拙には頷けません。

誤報でしょう。



images (2).jpg

次に、当日「WHAT'S MY LIN!?」の収録後、彼女はプロデューサーのボブ・バッハと逢ってウォッカとトニックを注文したそうです。

その後、彼女はリージェンシーホテルで、男性と一緒にいるのを目撃されています。

この男性が誰なのかは判明していませんが、これが家族以外で生きている彼女の姿を見た最後の証言となります。

この男性が誰なのか?

情報提供者なのか?

それとも最後の忠告者だったのか?

ここで、この男にミッキー・フィン(睡眠薬入りの酒)を飲まされたのでは?という研究者もいます。

この男性は名乗り出ていません。






次に、ドロシーの遺体が発見された状況を、説明します。

彼女の遺体を発見したのは、彼女のスタイリストのマーク・シンクレアでした。

彼女は5階建ての家に住んでおり、当日は夫と三人の子どもも在宅でしたが、いつもドロシーは早朝家を出ていたようで、誰も異常に気づかなかったそうです。

発見されたのは3階のマスターベッドルーム(主夫婦の寝室)。

彼女はつけ睫毛とウィッグをつけたまま、ボレロタイプのブラウスの上から、ナイトガウンを着ていたそうです。

そして、膝の上に本を置いて、ベッドに座った状態だった(どこを見てもこう書いてあります)。





さて、座った状態で発見されたという部分以外は、何も不振な点は無いように思えますが・・・実は、普段の彼女を知っている人間から見るとおかしなことだらけでした。


まず遺体が発見された3階のマスターベッドルームは数年前から夫婦のどちらも使っておらず、ドロシーは普段、5階のベッドルームを使っていました。

当然、夫も別の部屋で寝ていましたので、まず3階のマスターベッドルームにいたということが不自然でした。




次に、ドロシーは寝室では、いつもペニョワールとローブ姿ですごしていたという点。

まぁ、ここは女性心理として、自殺を考えていたからより美しい姿で発見されたいということで、つけ睫毛もウィッグもつけたままだったのだということもできるでしょうが、数日後に決定的な内容を公表するつもりだったジャーナリストが、自殺を考えるでしょうか?


また、膝の上に置いてあった本ですが、これは2〜3ヶ月前に読了した本で、それがなぜ分かるのかと言うと、その本の内容について、シンクレアとドロシーは2〜3ヶ月前に議論していたからだそうです。

また、当時のドロシーは52歳。

もう老眼が始まっていて、読書に老眼鏡は欠かせなかったそうですが、3階のマスターベッドルームに老眼鏡は無かったそうです。





JFKsmithF2.jpg

さて、前出のアール・エドワード・テイラー・スミス夫人(Mrs. Earl Smith=フローレンス・プリチェット・スミス=彼女はモデル時代、1944年頃からJFKとも友好関係がありました)ですが、彼女もドロシーの遺体が発見された翌日自宅で死亡しました。

スミス夫人の息子によると、夫人は白血病を患っていて、数日前までルーズベルト病院に入院していて退院して間が無い時期だったということです。

脳出血と言われていますが、検視結果では、死因は原因不明との事です。

夫人の手元にあった筈のドロシーの資料も紛失していて、発見されませんでした。

4446f15c7b64244a919d17017f261d64.jpg





フランク・シナトラから「あごがない不思議(chinless wonder)」と呼ばれるなど、敵も多かったドロシーでしたが、1930年代からFBIが彼女を監視していたことが今日では判明しています。

MM-KILGALLENsmall.jpg











ケネディ暗殺(上) [ フィリップ・シノン ]
価格:1728円(税込、送料無料)


posted by 大塚陽一 at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) |     ・消された?関係者
過去記事でも、コメント大!大!大!歓迎です! あなたの一言が、私のモチベーションにつながります! コメントお待ちしておりま〜す(^▽^)/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。