2016年08月06日

007/黄金銃を持つ男 THE MAN WITH THE GOLDEN GUN





ボンドを知らんとはモグリですな



殺しの許可証を持つ英国諜報部員007



優秀な男ですよ

私の目から見てもね










この「007/黄金銃を持つ男」の撮影は、ムーア・ボンド第一弾でもある前作「007/死ぬのは奴らだ」から1年もしない内に始まっています。

やはり、スムーズなムーア・ボンドへの引継ぎにも、安心出来なかったと言うことでしょうか?

黄金銃タイトル.jpg


本作の原作は、イアン・フレミング原作長編遺作で死後出版されています。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


前作「007/死ぬのは奴らだ」のレビューでも触れましたが、原作者イアン・フレミングは当初、初代ボンドであるショーン・コネリーよりも、ロジャー・ムーアの方が原作ボンドのイメージ通りだと言っていましたが、いざ映像化されたコネリー・ボンドを見て気が変わったのか、本作の原作は、コネリー・ボンドのイメージで執筆したとか・・・


黄金銃オリエンタル.jpg

その映画化作品で、ロジャー・ムーアがボンドを演じるというのは、運命のイタズラでしょうか。



黄金銃H支局.jpg

本作も、これまでのシリーズ同様、運河でのボートチェイスシーン、カーチェイスなどアクションシーンの見所が多いのですが、特に、香港沖に半分沈んだクイーン・エリザベス号内に作られた、情報部香港支部が非常にユニークで、内部はすべて斜めになっています。


黄金銃ガール1.jpg

本作には、ボンドガールが二人登場しますが、一人は、スカラマンガの愛人アンドレア・アンダース役で、第13作目「007/オクトパシー」にも、ボンドガールで出演しているモード・アダムスが演じています。

黄金銃ガール2.jpg

もう一人、ブリット・エクランドは、ボンドの助手である、メアリー・グッドナイト役で登場しますが、彼女はボンドの足を引っ張るためだけに存在しています^^;

原作で同じ名前のステキな秘書が登場するのですが、そちらのミス・グッドナイトはボンドが何とか落とそうと躍起になるくらいステキな女性なので、全然イメージが違っていて、原作を読んでいると(ストーリーもそうですが)あまりの違いに混乱してしまいます(^^;)

ブリット・エクランド嬢演じるグッドナイトの天然ボケっぴろは失笑ものです(^^;

黄金銃天然1.jpg
黄金銃天然2.jpg



また、アクションで一番の見所はAMCホーネットによる360度、つまり一回転をして川を飛び越えるカースタントシーンでしょう。

黄金銃くるり.jpg

そのスタントは恐ろしいほど完璧(しかもワンテイクだそうですゾ)で凄いシーンですので、ぜひ一度は、観て下さい!



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


「007/黄金銃を持つ男」のストーリー:君の順番も、きっとまわってくるさ



黄金銃007.jpg

Mの元に、007と彫られた黄金の弾丸と共に「ボンドの命をもらう」と書かれた手紙が送られてくる。


殺し屋としては最高の報酬を取るフランシスコ・スカラマンガが、ボンドを標的として狙いをつけた印だった。


Mは、ボンドに仕事を辞めて隠れるか、殺される前にスカラマンガを捕まえるよう命令する。


ボンドは、その黄金銃を持つ男といわれるスカラマンガの手がかりを探してまずベイルートに飛んだ。


黄金銃弾1.jpg
黄金銃弾2.jpg

ベイルートで002が撃たれた弾丸を入手し、Q課が分析をする。


弾丸の作成者であるマカオのラザーと接触したボンドは、銃弾を受け取りに来た謎の美女アンドレアを尾行して、香港へ向かう。

黄金銃弾.jpg

アンドレアからスカラマンガの手がかりを聞き出すが、手がかりとなるギブソンは、ボンドの目の前で射殺される。


殺されたギブソンは、エネルギー事情を一変させるソレックスと言う装置を開発、英国へ来る意志があったのだが、死体にその装置はなかった。

黄金銃ギブソン.jpg

ギブソンはバンコックのハイファットの下で働いていたという情報を得て、ハイファットに接触するが、相撲の力士に襲われ、また空手の達人と対戦するが、逃走。

黄金銃肺ファット.jpg

そうこうしている内にハイファットが、スカラマンガから射殺される。


果たしてスカラマンガを雇ったのは誰なのか?


また、ソレックスの在り処はどこになるのか?


そして何よりも、狙った獲物を逃したことが無いというっほどの殺し屋スカラマンガとの対決に、ボンドは勝利を得ることが出来るのだろうか?

黄金銃対決.jpg







「007/黄金銃を持つ男」のサイドストーリー:試乗したいんだがな!



黄金銃ペッパー.jpg

70年代からのこのシリーズは、作品を重ねる毎にストーリー的に必要の無い「見せ場」を数多く登場させ、返ってテンポを狂わせるという悪循環に陥っていました(残念ながらこれは、シリーズの伝統といってもいい慣習になっていきます)が、その悪循環を食い止めるべきハリー・サルツマンは、本作を最後に007シリーズを去ることになります。



ハリー・サルツマンとアルバート・R・ブロッコリ・・・。



二人のプロデューサーの意見の対立は、すでに抜き差しならぬものになっておりましたが、事ここに到ってサルツマンが破産したことにより、サルツマンは自分の持つ映画化の権利を、ユナイテッド・アーティスト社に譲り、シリーズを降ります。

(ここで、何で権利をカビーさんでなく、UA社に譲ったかなぁ〜と私は思ったものですが・・・)



一部のコアなファン達には、「これで、ピーター・ハントに続いて、シリーズの暴走に待ったをかけられる貴重な存在が消えたか」と思われていたようですが、約7年後に本当の意味での最後の希望(個人的な思いです)が、表舞台に登場することになります。



黄金銃リー.jpg


本作品でボンドの敵・スカラマンガを演じているのはドラキュラ俳優として有名なクリストファー・リーです。



彼は原作者イアン・フレミングの従兄弟で、フレミングは元々映画シリーズ第一作目「007/ドクター・ノオ」のドクター・ノオ役に彼を推していたそうです。



万年筆、ライター、シガレットケース、カフスなどを組み合わせて出来る彼の愛銃である黄金銃はとてもユニークです。

黄金銃黄金銃.jpg


個人的には、ソレックスとかのくだりを入れるよりも、スカラマンガとボンドの対決に焦点を絞った方が傑作になったんではないかという思いがあるので、ぜひそういう方向でリメイクして欲しいと思っています。



黄金銃ボンドとスカラマンガ.jpg



サントラは、ジョン・バリーが復活!



相変わらず、オリエンタルなムード全開の作品となっています。

前作でのジョージ・ マーティンは、作風ともすごくマッチしていて、個人的にお気に入りですが、」やっぱり007シリーズは、バリー節が似合います。



ルルの主題歌もパンチが効いていて、これぞ007の主題歌という出来ですが、何よりも12曲目は秀逸。



これを聴いた時、この一曲だけでも、元は取った気になりました。

なぜかは、聴いて貰えれば分かります!





商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

1. Main Title: the Man With the Golden Gun / Lulu (2:37)

2. Scaramanga's Fun House (4:39)

3. Chew Me in Grisly Land (4:02)

4. The Man With the Golden Gun (Jazz Instrumental) (2:33)

5. Getting the Bullet (2:45)

6. Goodnight Goodnight (5:24)

7. Let's Go Get 'Em (3:45)

8. Hip's Trip (3:22)

9. Kung Fu Fight (1:58)

10. In Search of Scaramanga's Fun House (2:32)

11. Return to Scaramanga's Fun House (6:29)

12. End Title: the Man With the Golden Gun / Lulu (3:05)



黄金銃エンド1.jpg
黄金銃エンド2.jpg


THE END

OF

“THE MAN WITH THE GOLDEN GUN”

BUT

JAMES BOND WILL RETURN

IN

THE SPY WHO LOVED ME




黄金銃エンド.jpg




商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

007 黄金銃を持つ男 TV放送吹替初収録特別版 [ ロジャー・ムーア ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2016/8/6時点)



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

007黄金の銃を持つ男 [ さいとう・たかを ]
価格:849円(税込、送料無料) (2016/8/6時点)




posted by 大塚陽一 at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・ジェームズ・ボンド007
過去記事でも、コメント大!大!大!歓迎です! あなたの一言が、私のモチベーションにつながります! コメントお待ちしておりま〜す(^▽^)/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440792088
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。