2017年01月01日

謹賀新年。皇紀二千六百七十七年、平成廿九年です。





スゲーッ爽やかな気分だぜ。



新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ〜ッ







荒木飛呂彦ジョジョの奇妙な冒険」より】










明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧とお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。



昨年は、皆様のご縁に生かされているということを強く感じると共に、大切な方、身近な方が、これまでになくたくさん亡くなってしまい、否が応にも自分自身の死を強く意識せずには要られない年でしたが、大晦日を越え、今回も無事に新年を迎えることが出来ました。

ありがとうございます。

皇紀二千六百七十七年、平成廿九年の元日を迎え、少しお正月について考えてみようと思います。



元日を含む数日を「お正月」と呼んでおりますが、元日とは、言うまでも無く一年の最初の日ということですね。



一年というのは地球が太陽の周りを一周する期間のことです。

しかしながら、公転の起動自体にスタートやゴールという区切りはついていません。

どのタイミングから始めようと一年の長さは変わりません。

ただ、何か公転中に違いがあるとすれば、それは地軸の傾きによって起こる季節の違いでしょう。

地軸が太陽の側に傾く位置関係の時期が我々にとっての夏、太陽の反対側に傾く時期が冬となります。



日本は明治以降、西欧近代諸国と関係を深くする為に、暦をそれまでの太陰太陽暦から太陽暦に変更しました。

具体的に言うと、江戸期まで使っていた「天保歴」を改め、欧米基準であった「グレゴリオ暦」に替えました。

それまでに改暦は何度もありましたが、太陰太陽暦から太陽暦に替えたのは、この時だけなので、我々日本人からすると、まだまだ太陽暦は馴染みの浅い暦だと言えます。








さて、この暦についてまずは簡単に確認しておきたいのですが、暦は大きく分けて「太陰暦」、「太陽暦」、「太陰太陽暦」の三種類あります。



まずは「太陰暦」ですが、お月様が新月から満月になり、また新月になる、月の満ち欠けの周期を基にした暦法のことです。

その周期を朔望月といって、一朔望月を一月とします。

月の満ち欠けは潮の干満や、生物周期に影響します。

基本的に、月の形と日数が一致するのが「太陰暦」です。

この「太陰暦」は、月の周期とは一致していますが、太陽と地球の位置関係を考慮していない為、季節と月数が一致しません。

ちなみに「イスラム歴(ヒジュラ歴)」は太陰暦ですが、普及したのが、一年を通じて季節変化が少ない砂漠地帯の国々だということを考えれば、深く頷けると思います。

なお、「太陰」は「(天体の)月」の意味で、陰暦(いんれき)とも言われており、「太陽暦」(陽暦)の対義語です。





次に「太陽暦」ですが、地球が太陽の周りを回る周期(太陽年)を基にして作られた暦法で、一年の月日数が太陽高度と一致しますから「今年は例年に比べて気温が上がらず、春の訪れが遅くなる」などという具合に、季節の比較ができる反面、月の満ち欠けと日数はズレていきますから、去年の同月同日と月の満ち欠けが一致しません。

「三日月って言う癖に、ぜんぜん三日の月はそんな形じゃないや」と思ったことが皆さんにもある筈です。

「ユリウス暦」や、現在、世界の多くの地域で使用されていて、私達が現在使っている「グレゴリオ暦」も、この「太陽暦」の一種にあたります。





「太陰暦」の月を使い、「太陽暦」の年を併用するのが「太陰太陽暦」です。

月齢、つまり新月から新月までは約29.5日。

それが十二ヶ月で354日。現在の一年におよそ11日足りません。

そこで、三年に一度の割合で十三ヶ月の年を作りそのズレを修正しました。

この月を「閏月」といいます。

日数と月齢のズレがある程度蓄積されたら、閏月で辻褄を合わせるのです。

日本では飛鳥時代以降、江戸末期まで、この「太陰太陽暦」を使用していました。



旧暦(太陰太陽暦)では、通常二十四節気の「雨水(2月19日ごろ)」を含む月を「正月」といい、その一日(ついたち)を元旦と呼びました。

二十四節気とは、二十四気ともいって、「太陰太陽暦」で「閏月」を入れるために一年を二十四分割し、日数と月齢のズレを確認する為の基準のようなもののことを言います。

ちなみに・・・2016年10月31日、中国の「二十四節気」のユネスコ無形文化遺産への登録勧告が決定しましたね。



コホン。





 国によってお正月の定義は異なっています。

インドネシアのバリ島では太陽暦のほかに地方暦や宗教暦の正月があり、タイでは太陽が次の黄道帯に入ることを意味するソンクーランが正月で4月13日〜15日の3日間に当ります。

イランでは春分の日が正月です。

このように国や宗教によって年初は様々です。




当記事冒頭の問いに戻りますが、わが日本における「太陰太陽暦」において、一年の始まりをなぜこの日にしたのでしょうか?



実は、調べてみたのですが、はっきりした理由は見つかりませんでした。



「高く飛ぶ為には、低くしゃがまなければならない」という言葉がありますが・・・



太陽が一年の中で最も勢いを失う「冬至」。

この「冬至」時点の月が一旦隠れ、その後新月に成ってから新しい一年を迎えようとしたのではないでしょうか?

これには冬至から最大限、一月齢(29.5日)分経った後に元日を迎えるのが最適で、「太陰暦」の月と「太陽暦」の年を併用する「太陰太陽暦」で、いかなる年でも、この条件を満たす為には『二十四節気の「雨水」を含む月を「正月」とする』のが最も最適であったということではないでしょうか?



この、太陽が一年かけて高度を変化させようとする四季の始まりでもあり、太陽も月も新しくなるこの日を、日本人は静寂の中、厳かに、八百万のカミガミと共に粛々と祝ってきたのではないでしょうか。




高度で科学的な「太陰太陽暦」を持ちながら、明治五年、新政府は太政官布告を出して「太陽暦」に切り替え、現在の1月1日を元日とするようになりました。 

当時は相当な反対があったそうですが、これを断行。 以来、まず農・漁・林業等が混乱しました。

花の咲く時期、虫や鳥の出現は、新暦ではまったくあてはまらないからです。

自然と共にある日本の伝統行事も混乱しました。



当然ですね。



私は毎年「皇紀」を明記していますが、日本には、神武天皇以来の日本書紀・古事記に基づいて二千七百年近くの皇統があり、それを年数で数えるのが「皇紀」という独自の紀年法です。

何もかもを右へ倣えで盲目的に従うだけでなく、普段使っている言葉や、表記の定義や歴史を考えることで、過去から学べることや日本という国やその歴史の意義へとつながってくるのではないでしょうか?

私は個人的には「西暦」と共に「皇紀」を明確に認識することで、この国の国民として、国の成り立ちや天皇専制について、その歴史と共に近くに感じることが出来ると思いますし、それが必要なことだと感じています。












posted by 大塚陽一 at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本スイッチ
過去記事でも、コメント大!大!大!歓迎です! あなたの一言が、私のモチベーションにつながります! コメントお待ちしておりま〜す(^▽^)/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。