2008年01月17日

Sailing day

BOCmain.jpg

この曲は、劇場版「ワンピース」のタイアップ曲でした。



もともとBUMP OF CHICKENの曲は、男の子の心に火を点けるもの(女の子の心には、鷲掴みかな?)が多いので、そこが魅力で大好きだったのですが・・・


この曲をはじめて聴いた時、「えええええっ!なんで俺のこと歌ってんの!?」って、ビックリしました。

いあ、本当に・・・。



例えて言えば、「あんまり、大っぴらに人に明かしたりはして来なかったけど、密かに自分自身と誓い合っていた覚悟」というのが、この歌詞そのものだった・・・という感じなのです。

って、分かり難いですかね?



bumpofchickensnowsmile.jpg

現実を、理想と照らし合わせて、なかなか距離を縮められない自分の不甲斐なさに直面する時、悔し涙を流しながら、この曲を口ずさみ、自分を叱咤することがあります。

もちろん独りの時に、ですが・・・

まぁ、ちょっと実際に歌詞に触れてみて下さい。


underBOC.jpg





Sailing day
作詞曲:藤原基央

目を閉じたその中に見えた微かな眩しさを

掴み取ろうとした愚かなドリーマー

伸ばした手は閉じた目に映らなくて途方に暮れる

射程距離から随分遠く滲む



どうにかまだ 僕は僕を辞めないで生きてる

たった一度笑えるなら 何度でも泣いたっていいや



精一杯運命に抵抗

正解不正解の判断自分だけに許された権利

sailing day 舵を取れ

夜明けを待たないで帆を張った愚かなドリーマー


数えたらきりがないほどの危険や不安でさえも

愛して迎え撃った呆れたビリーヴァー

目を開いたその先に見える確かな眩しさが

空になったハートに理由を注ぐ



そしてまた 僕は僕の背中を押していく

たった一つ掴むために 幾つでも失うんだ



精一杯存在の証明

過ちも間違いも自分だけに価値のある財宝

sailing day 舵を取れ

悲しみも絶望も拾っていく呆れたビリーヴァー


誰もがみんなそれぞれの船を出す それぞれの見た眩しさが灯台なんだ



そうだよまだ 僕は僕の魂を持ってる

たった一秒 生きるために いつだって命がけ 当たり前だ!



精一杯存在の証明

敗北も後悔も自分だけに意味のある財宝

sailing day 舵を取れ

冒険の日々すべて拾っていく呆れたビリーヴァー

精一杯運命に抵抗

決して消えはしない僕だけを照らし出す灯台

sailing day 舵を取れ

嵐の中嬉しそうに帆を張った愚かなドリーマー

誰もがビリーヴァー

永遠のドリーマー






書いててまた涙がちょちょ切れてきました。






posted by 大塚陽一 at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・弱者の反撃スイッチ
過去記事でも、コメント大!大!大!歓迎です! あなたの一言が、私のモチベーションにつながります! コメントお待ちしておりま〜す(^▽^)/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79083817
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。