2008年05月05日

今日の一言:映画「マリア」より

「親が教えるべき事など、何も無いかも知れないね」




071003_maria_sub3.jpg
                  【映画「マリア」より】
原題:THE NATIVITY STORY

聖母マリアの処女受胎からイエス・キリストの生誕までを描いた2006年製作のアメリカ映画。



071128_maria_sub4.jpg

中東エルサレム。ヘロデ大王の税金取り立てに苦しむ村ナザレに住むマリア(ケイシャ・キャッスル=ヒューズ)は、ヨセフ(オスカー・アイザック)との婚約中に身ごもってしまい、村中の人々から非難される。

thenativitystory5_thumb.gif

ただ一人、夫・ヨセフだけは「神の子を身ごもった」というマリアの言葉を信じ、やがて“救い主”誕生の予言に怯えるヘロデ大王の命で人口調査が始まったのを機に、夫婦はヨセフの故郷・ベツレヘムへと旅に出ることを決意する。

05shar.1.600.jpg

200キロという長い旅路には、険しい山道や不毛の砂漠など自然の猛威が立ちはだかり、2人の行く先を阻むが、この過酷な旅を通して、マリアは女性として母として成長し、そんな彼女をヨセフが献身的に支えていく。

071128_maria_sub5.jpg

そしてたどり着いたベツレヘムの小さな馬小屋で、歴史に残る誕生の瞬間を迎える――。

070906_maria_sub1.jpg




Gabriel.jpg

婚約中ではあっても、婚前交渉は石打の刑に処された時代に、天使ガブリエルから受胎告知を受け、誰にも信じてもらえないマリアを、信じて守るヨセフの物語です。

Joseph.jpg

確証はなくとも、確信を持って行動する二人の姿に、我と我が身を顧みて、涙が止まりませんでした。


Mary.jpg



今日の「一言」は、旅の途中で、ふとマリアがヨセフに、「お腹の子は、どんな子だと思う?」と尋ねた時のヨセフの返事です。

そりゃ、そうだろうよぉ〜と思いましたが、これ、実は、どの子にも当てはまると思いませんか?

教えるなどとはおこがましい。

勝手に学ぶのですから、我々は、我々の人生と、しっかり対峙していればいいのではないでしょうか?




過去記事でも、コメント大!大!大!歓迎です! あなたの一言が、私のモチベーションにつながります! コメントお待ちしておりま〜す(^▽^)/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。