2011年12月07日

2011年12月7日午後2時



えりい、

問題は解決することも大事だが、

実はそれほど問題じゃなかったということに気付くことの方が大事だ。






posted by 大塚陽一 at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・My Life,My Tweets

2011年12月7日午前11時



えりい、

物事は見かけと違う。


本当の答えとは

いつもの道端に前からたたずんでいた花に気付く時のような、

暗い雲間から一瞬日がさす時のようなものだ。



スイッチ一つで方が付くような

センセーショナルなものは答えではない。



それはただのトラップだ。




posted by 大塚陽一 at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・My Life,My Tweets

2011年12月06日

2011年12月6日午前1時



えりい、

服従の最大の特徴は、

自分では何一つ責めを負わないということ。



つまり、

神や国やリーダー、先導者、他人に

責任と贖罪を声高に叫ぶ者は皆、

服従者ということだ。








waited-family.jpg
posted by 大塚陽一 at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・My Life,My Tweets

2011年12月6日午前0時


えりい、

ニヒリズム(虚無主義)は防御の型としては効果的だが、

攻めに転ずることは叶わぬ。



もともと、

イニシアティブをとる事を放棄した防衛機制より生まれたスタイルと言えよう。





dachou.jpg
posted by 大塚陽一 at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・My Life,My Tweets

2011年12月03日

2011年12月3日午前0時


えりい、

カナダ鶴という渡り鳥は大陸を横断する際、

先頭を飛ぶリーダーを持ち回りで交代しながら飛ぶそうだ。



もちろんリーダー次第で群れの運命は左右されるが、

どのリーダーの時も後に続く群れの鳥たちは鳴き声を上げ、

リーダーを励まし続けるそうだ。






posted by 大塚陽一 at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・My Life,My Tweets
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。