2017年01月20日

夫のちんぽが入らない




私たちは本当は血の繋がった兄妹で、

間違いを起こさないように

神様が細工したとしか思えないのです。









本日帰宅したら、楽天ブックスからネコポスが届いていたので、すぐに開封して、二時間で読了。

そのままの勢いで熱に浮かされたように、ブログにとりかかっちゃいました。







夫のちんぽが入らない

この一冊を読む間で文字通り泣いたり笑ったり、そして、我と我が身を振り返り、様々な感情が胸を去来して・・・正直疲れました。

疲れてはいるのですが、それでいて爽快感や安堵感みたいなものがあって、まるで∴皀筌� 」リ」レ�ュ怜喧竺軸宍雫七 而耳自蒔・ゥ縺ゅ>縺�∴クサイス(都合の悪い言葉は文字化けする仕様なの)です。

「夫のちんぽが入らない」というタイトルだけを見ると、シモネタチックな話か、性に関する本のようですが、正真正銘私小説でした。

そして、このタイトル自体も奇を衒った訳でもなく、キャッチーなタイトルで関心を引こうとするような確信犯的な発想でもなく、このタイトルしかないなと、あとがきまで読み終わったときには納得できます。




著者である『こだま』さんの文章は、軽妙洒脱というか、淡々とした中に一種俯瞰的なウィットに飛んだ表現が出来る、常に自分と自分で語り合いながら暮している人特有のセンスを感じる飽きさせないものでした。



ちょと、冒頭の文章を(紹介ページで公開してあるので)紹介します。




いきなりだが、夫のちんぽが入らない。

本気で言っている。

交際期間も含めて二十年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。

周囲の人間に話したことはない。

こんなこと軽々しく言えやしない。



何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから」と言う。

けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。

医師は私に言うのだろうか。

「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」と。

そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。

子供もいらない。

ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひっそりと生きていくことを選んだ。






これ、女性側の視点で書かれているので、男性(夫)側の話も読んでみたいと、すごく思いました。











続きを読む
posted by 大塚陽一 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | オ・ト・ナのスイッチ

2014年10月01日

慰めて欲しいのにぃっ!














慰めよ。





慰めよ。





わたしの民を。





慰めよ。












【「イザヤ書40:1–2」より】








モーツアルトのオペラ、「ドン・ジョバンニ」の中に、「恋人のカタログの歌」というのがあります。






内容は・・・





女ったらしの貴族ドン・ジョバンニが、昔棄てた女ドンナ・エルヴィーラに偶然遭遇します。

しかしジョヴァンニはその場を従者レポレッロに任せて立ち去ってしまいます。

残されたレポレッロはエルヴィーラに、

旦那に泣かされたのは貴女だけじゃないよ。イタリアでは640人、ドイツでは231人、しかし、ここスペインでは何と1003人だ

と有名な「恋人のカタログの歌」を歌ってジョバンニが関係した女を羅列して慰めたつもりになるのですが、エルヴィーラは、呆れて立ち去っていいくというものです。










こうやって物語の概要を第三者の視点で観ると、貴方が男性でも、レポレッロが、どれほどお門違いな慰め方をしているのかが、分かると思います。



しかし、男というものは、実際に、女性から相談事を持ちかけられると、レポレッロよろしく、お門違いな慰め方をしてしまい、逆に女性からがっかりされるのは、どうしてなのでしょう?





例えば・・・






「人見知りで、自分から話しかけられなくて、なかなか友達が出来ないの・・・」

には、

「案外、みんなそういうものだよ」。



「最近彼とマンネリで・・・」

に対し、

「どんなカップルでも、そんな時期があるもんだよ」。



「なんか最近、自分に自信なくなっちゃって・・・」

という相談に対し、

「誰だって本当は自信が無いけど、それでも頑張っているものだよ」。



「忙しすぎて、何だか今日は疲れちゃった・・・」

に、

「俺なんか、昨夜2時間しか寝ていないんだ」。






・・・という、

「皆」や「人それぞれ」などという一般論や、「オレだって、こうだった」式返しワザ・・・。





しかし、女性と言うのは、今まさに自分が直面しているこの問題に対するコメントと、その問題と対峙している女性自身に対する慰めや、励まし、共感を態度で示して欲しいのです。



ですから、これでは、会話が成り立つどころか、逆に「私の気持ちなんか、何にも分かってくれない」という事になります。



だって、女性からすると、「私は私であって、他の誰でもないし、他のケースや状況と私や、この問題は無関係・・・」ましてや、男性の一見励ましている風「俺だって」自慢なんて・・・相手の存在や気持ちを無視する言語道断な行為です。







さて、男性→女性の慰め方を見てもらいましたが、逆に女性→男性と言う場合も、なかなかうまく慰められず、慰めるつもりが、逆に男性を怒らせてしまう場合が多いのですが、それは、なぜでしょうか?


続きを読む
posted by 大塚陽一 at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | オ・ト・ナのスイッチ

2014年09月11日

どうしてレイプなんてもんがあるのか!?





セックスには



ノーマルもアブノーマルも存在しません。





セックスにおいては



合意のみがノーマルなのです。













みうらじゅん








デートで睡眠薬を飲まされる女性急増。お酒に含まれた「薬」を見抜くマニキュアが登場」という記事を拝見しました。



記事の中では、デートレイプについてあらかじめ備えをしておく必要が語られていました。



また、ちょと前ですが、「明大サークル集団昏睡事件」とかもありましたね。





どうしてこんなに巷にレイプが存在しているのでしょうか?



レイプって、犯罪ですよね?



それを、上記のニュースで言えば、天下(失礼、皮肉ではないのですよ)の明大生が、普通に出来るその感覚は、どういうことなのでしょうか?






実は、レイプということに対する男性側の認識が、女性側の認識と著しく乖離していることも、原因のひとつではないかと思われます。






こういうフレーズを、目にしたことはないですか?



いわく「女性は、みんな(被)レイプ願望を持っている」。



いわく「女性は、レイプされても感じる」。






これは、(男性側の)大きな勘違いです。







たとえばこれを、一足飛びにレイプに結び付けて考えなくとも、女性が、男性から「俺について来い」と言われたとします。



この時、女性側が、その男性に対し好意を持っていた場合は、



「あん!もぉ♪強引なんだからぁ♪」となります。





しかし逆に、その男性に好意を持っていない、もしくは男性のことを何とも思っていない場合は、

ウザ」or「キモ」のひとことでしょう。






これが、なかなか、男性には理解できない女性心理なのです。





なぜならば、これが男性の場合に置き換えて考えてみると・・・



男性が、女性から「好き」と告白されたとします。



これ。



よほど嫌悪している女性でない限り、男性は「悪い気はしない」のです。



もちろん、イコール相手の気持ちを受け入れるということではありません。



しかし、明らかに女性と男性では、異性に対する認証設定は、根本から違います。



これは、もう数多くの種を畑に蒔こうという本能と、少しでも質の良い種を選別して強い遺伝子を遺そうとする本能の違いとしか、言いようがありません。







女性の場合、自分が好きでない男性からだった場合は、すべて「キモイ」「ウザイ」。




男性の場合、特別に嫌悪している女性以外からなら、「満更でもない」極端な話「嬉しい」(もし、あなたがお水の方か、働いた経験がお有りなら、今ウン、ウン!って大きく頷いていることでしょう)。



ただ、これ、男性も女性も、異性の立場で考えず、自分たちだったら、こう感じるという前提で居るから、トラブルが発生します。





どういうことかというと・・・






続きを読む
posted by 大塚陽一 at 00:18 | Comment(7) | TrackBack(0) | オ・ト・ナのスイッチ

2014年02月24日

男性にとって恋愛とセックスは別なの!?

女性のお悩みを、一緒に解決してみませんか?



まともな性欲を持つ30代の独身女なら、

当然寝た男の数も多いはず。




何人だと多すぎるのか?




私たちは恋多き女なのか

それとも「好き者」なのか












【「SEX AND THE CITY」より】







前回の記事「男の浮気心、女の心変わり」の中で、女性はセックス(身体)だけを目的として近付く男性を警戒・感知・判別するセンサーを持っているということ。



常に、そのセンサーによって、そう易々とボーダーラインを突破されまいと構えていること。



しかし、男性側も、そのセンサーを誤魔化してボーダーを突破し、できるだけ多くの畑に種を蒔き、できるだけ多くの遺伝子を遺そうとするため、感情のステルス化及び、感情の擬態を行うことについて触れました。







つまり、男性は好きな人としか、セックスはしません。



しかし、ここには大きなカラクリがあります。



種族繁栄のために、できるだけ多くのメスと交尾をして出来るだけ多くの子孫を残そうとする本能」が組み込まれているのがオス。


つまり、あらゆる手段を使って、より多くの種をバラ蒔こうとします。





それに対し、「種族繁栄のために、できるだけ優秀な種を、選別しようとする本能」が組み込まれているのがメス。



それは、強く逞しく環境に適応して、立派に次の子孫を遺せるように育つ子を産むためです。



そして、子種だけ植え付けて自分と子孫の生命の安全を守るために尽力しない・・・いわゆる甲斐性無しを間違えて選んでしまわないように、識別するためのセンサーを持っています。





男性がセックスを得るためだけに女性に優しくしても、センサーは敏感に察知し、本心を見抜いてしまいます。





しかし、どう見ても身体目当てで女性を口説いている男性なのに、見事ベッドインを果たしているパターンが、かなりの確立で発生しています。





それはなぜでしょうか?





それは、男性の「セックスしたい!」という欲望のステルス化と、「好き」という感情の擬態を同時にすることで、その女性を本気で好きになり、また女性のセンサーを難なくクリアしてしまうのです。



自らの認識として「自分は、この人の事を愛しているんだ!だからこんなに求めているんだ!」という感情になっているため、下心はバレず、罪悪感に苛まれることもありません。





そして、SEXが終わった後、つまり欲求が満たされた後、途端に元来の「自分の本当の感情」が戻ったりする男性が(たまに感情の擬態が、しばらく続き、そのまま行くところまで行ってしまう男性も存在しますが)ほとんどです。



ですから、事を終えた後も、しばらく抱き合ったまま・・・或いは隣で・・・一緒に余韻を楽しんでいたりしているのなら、彼の気持ちは、まず間違いないでしょう。



逆に、もし貴女の彼氏が、事を終えた後パッと離れ、背中を向けて煙草に火を点けたりしていたら・・・





注意が必要ですゾ、女性諸君!






ちなみに女性は「種を選ばなければならない性(サガ)」なので、「好き」=「合格ライン」の基準は、変えることなく維持されます。





女性が心変わりをするとき、それはこの「種を選ばなければならない性(サガ)」から生じる性欲によるものと言えるかもしれません。





相手が、自分を必要としているわけではない。


相手が、主に他の女性に種を蒔いている時。


相手が、自分(や、自分の遺伝子持つ我が子や、子孫)の生命維持を妨げる存在であると判断した時。





そういう時にタイミング良く、自分を本当に愛してくれる相手に出会ったとき・・・心変わりが起こります。



女性が、男性の好みを話すとき、理性的な条件が入ってしまうのは、自分と子孫の生命維持に対する男性の甲斐性への判断を間違えると、取り返しの付かないことになるという性(サガ)のためです。






ただ・・・




アルコールが入っている時は別なのですよ。


アルコールが入っている時は、女性側でも感情の擬態が発生しやすくなります。






互いに自分の感情を擬態させての愛に、ハッピーエンドが訪れることは・・・ありませんね。




※当記事は拙ブログ過去記事を加筆訂正したものです。



SEX AND THE CITY 2 [ エリック・サイファーズ ]

価格:2,600円
(2014/2/24 22:49時点)
感想(64件)


[送料無料] ロベルタ チャレラ ロベルタチャレラ Roberta Chiarella イヤリング ピアス mediumサイズ サラジェシカパーカー セックス・アンド・ザ・シティ sex and the city [メール便発送]

価格:7,480円
(2014/2/24 22:49時点)
感想(2件)


【レビューを書いて送料無料】JessieSteele ジェシースティールエプロン かわいいエプロン SEX AND THE CITY 着用結婚祝い お誕生日 母の日 プレゼントに!

価格:3,990円
(2014/2/24 22:50時点)
感想(3件)










posted by 大塚陽一 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | オ・ト・ナのスイッチ

2014年02月22日

男の浮気心、女の心変わり

日本未入荷ラブグッズ・Hコスメがたくさん!【ラブチャームス】





恋愛はただ


性欲の詩的表現を


うけたものである。










【芥川龍之介】








「男はなぜ浮気をするのか?」というのは、女性の話題としてよく挙がるテーマです。



また「男の浮気は浮気だが、女の浮気は本気だ」とよく言われますが、この「浮気」というテーマを精神的なアプローチで読み解こうとすると、男性と女性では浮気に対する捉え方の違いがある(後日触れますが、恋愛観もセックス観も、男女の捉え方が全然違い、互いに自分の視点で相手のリアクションを受け取るのでトラブルが生じやすい傾向にあります)ので、返って難解なパズルとなってしまいますが、まずは生物学的な視点で紐解いてから精神的アプローチをすることによって、案外簡単に解けるパズルになります。





男女の遺伝子に組み込まれた本能は、生殖における役割の違いで大きく異なっています。


オスは精子という比較的簡単に量産化のきく生殖細胞を作ります。


これをより大量に、より広範囲にばらまくことで、少しでも自分の遺伝子を、より確実に子孫に伝えようとします。


これがオス=男の本能です。






ですから浮気=気持ちがフワフワ浮ついて・・・という訳ではなく、あまり恋愛感情は関係ありません。





対して、女性の方も恋愛感情を持たず、セックスだけを目的として近付く男性を警戒・感知するセンサーを持っています。



そう易々とボーダーラインを突破されまいと構えています。


しかし、男性もさるもの、そのセンサーを誤魔化してボーダーを突破するため「感情のステルス化」及び、「感情の擬態」を行います。


この「感情のステルス化」と「感情の擬態」に関しては次回説明しますので、お楽しみに!




一方、女性側を生物学的アプローチで見てみると、メスは卵子という栄養たっぷりの、しかし製造コストも高く量産体制が取り難い生殖細胞を作るように出来ています。




多くの生物では、メスは生まれた時からすでに生涯分の生殖細胞を体内に持っていて生殖可能な年齢を通じ、これらを順番に成熟させ、少しずつ送り出す形で生殖の準備をします。


オスと違い生産数の限られた生殖細胞ですから、子孫を残すには出来るだけ良質のオスの遺伝子を受け継ぐ以外ありません。


そこで生殖戦略も慎重なものとなります。






つまり、より強くより逞しくより生き抜く強い子を産むため「種族繁栄のために優秀な種を選別しようとする本能」が組み込まれているのがメス=女なのです。


ですから、「優秀な種」→巣を用意し、食糧を調達してきて、様々な外敵からメスと子を守る実力を持つオス=人間界では、まあそれなりの社会的地位や財力を持っている男性でしょうね・・・しかも、子自体も次の代以降へ遺伝子を遺していく可能性がより高くなるために容姿端麗に越した事はないから当然自分のパートナーにも、それなりの見た目を求めます。


そして何より自分や子を守ろうとする意志(愛情)があるのは前提でしょうね。





え?女性が男性を選ぶ際の条件は分かったけど、「心変わり」はどこ行った?って?




はい。



二つ例を挙げますが、まず一つ目、女性はワルに惹かれると言いますよね?


心は理想的なパートナーを求めながら、感情がワルを求める・・・




ワルは我が侭で、自分の欲求を押し通そうとする押しの強さがあります。




この押し出しの強さを=生存力という風に女性のセンサーは、感知してしまいがちなのです。






次に二つ目、女性は愛されているかどうかのセンサーの感度が男性が思っている以上に高いのです。



パートナーが「自分の事を愛していない」という信号を感知すると、途端に危機感を感じます。




そういう時に、他の男性からの「自分を愛している」という信号をセンサーが感知すると、途端にその男性との遺伝子の結合の方が、これまで一緒に居た自分を愛していないパートナーの持つ遺伝子と結合させるより善いという事になります。





簡単にいうと、こういうメカニズムで心変わりが行われます。





これ・・・本当はパートナーの愛情がなくなった訳ではないんですけどね。



その辺りも男女の感覚や感性、本能のメカニズムの違いによって引き起こされる悲劇なのです。






こういった男女の違いにも今後言及していきますので、ご期待下さい!



※当記事は拙ブログ過去記事を加筆訂正したものです。



もう一度ベストカップルを始めよう 浮気も不倫も乗り越える幸せのセラピー

価格:1,470円
(2014/2/22 00:09時点)
感想(0件)


【送料無料】 不倫のDNA ヒトはなぜ浮気をするのか / デーヴィド・P・バラシュ 【単行本】

価格:2,730円
(2014/2/22 00:10時点)
感想(0件)


盗聴器発見器 探知機 検知器 隠しカメラも探索する高性能ディテクター ストーカー/ストーキング対策 盗聴/盗撮を予防 プライバシー/機密情報を保護 隠しカメラも発見可能 不倫/浮気対策 危険なストーカー被害を未然に防止 自宅や職場の防犯を強化 感度調整可【送料無料】

価格:3,890円
(2014/2/22 00:10時点)
感想(1件)








posted by 大塚陽一 at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | オ・ト・ナのスイッチ
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。