2017年01月09日

映画『ビッグゲーム 大統領と少年ハンター:Big Game』





森は厳しく我らを見極め


各々の器に見合った獲物を用意する


狩人は森の音に耳を澄まし


死力を尽くして獲物を手に入れなくてはならない


戦わずして得られるものなどないからだ
















本作品は、サミュエル・L・ジャクソン演じるアメリカ大統領が、国際会議に向かう途中、テロリストの罠にはまり遭難、孤立無援で追わる中、フィンランドの山奥で出会った少年ハンターと力を合わせて壮絶なサバイバルを繰り広げる様を描くアクション・アドベンチャーです。

big-game-movie-review-1.jpeg

サミュエル・L・ジャクソン(「アベンジャーズ・シリーズ」、「スター・ウォーズepi1〜epi3」、「交渉人」、「パルプ・フィクション」、「トゥルー・ロマンス」、「ローデッド・ウェポン1」、「ジャングル・フィーバー」)をはじめとして・・・


stevensonbiggame2.jpg

レイ・スティーヴンソン(「トランスポーター・イグニション」、「ダイバージェント」、「マイティ・ソー」、「パニッシャー:ウォー・ゾーン」)。



big-game-victor-garber-felicity-huffman-jim-broadbent-and-ted-levine.jpg

フェリシティ・ハフマン(「マグノリア」、「トランスアメリカ」、TVシリーズ「デスパレートな妻たち」)。

ジム・ブロードベント(「ターザン:REBORN」、「クラウド・アトラス」、「ブリジット・ジョーンズの日記」、「アイリス」、「クライング・ゲーム」、「未来世紀ブラジル」)。

ヴィクター・ガーバー(「アルゴ」、「ミルク」、TVシリーズ「エイリアス」)。

テッド・レヴィン(「羊たちの沈黙」、TVシリーズ「名探偵モンク」)といった、かなり大塚的にお馴染みなメンバーが出演するということで、かなり期待して観ました。



bw7xTlm.png

少年ハンターのオスカリ役を演じるのは、オンニ・トンミラ君といって、実のお父さん(ヨルマ・トンミラ)も、オスカリの父タピオ役で共演ということ。

先入観を持たずに鑑賞したかったので前もって情報を集めていなかったので、オスカリ役はオーディションで決まったんだろうと思い込んでいたので、疑問だったのは、このオスカリ君が個人的には可愛く感じなかったこと。

演技力も大事だけど、もう少し可愛い子役でも良かったろうに・・・と思っていたら、彼は原案・脚本・監督のヤルマリ・ヘランダー氏の甥っ子とのこと。

まぁ、ケ,蕪yヲ#迦9;?����$BC%B???,??��y?B &039;����B!C%bBhケ??#?����9;$BC&B???袈$懸r/$BC#(都合の悪い言葉は文字化けする仕様になりました)ですね。

1464104502-3734348944_n.jpg


さて、日頃からお伝えしている通りで、映画は90分前後がベストな私ですから、この映画の放映時間はちょうどいい感じで、ストーリー自体も大好きな塩梅のB級加減でした(^▽^)








映画「ビッグゲーム 大統領と少年ハンター」のストーリー:今のはシカの鳴き声




big-game-641799l.jpg

フィンランドのとある山岳地帯。

そこに住む少年オスカリは、13歳になった通過儀礼として、大きな獲物を狩るために山中で一夜を過ごしていた。

一方その頃、国際会議に参加するためフィンランドに向かうアメリカ合衆国の現大統領であるウィリアム・アラン・ムーアを乗せたエアフォースワンが、何者かの攻撃を受けて墜落してしまう。



BIG_GAME-1024x682.jpg

間一髪脱出ポッドで逃げ出した大統領は、偶然近くにいたオスカリと行動を共にすることになるのだが、大統領の命を狙うテロリスト達の魔の手は、二人のすぐそばにまで迫ってきているのだった。


marcusgohmarcusgoh-biggamereview-2.jpg


果たして、大統領は無事に逃げ出せるのか?

そして、

オスカリは、無事に獲物を狩ることが出来るのか?










ここからはネタバレを含む感想になります。
posted by 大塚陽一 at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画スイッチ

2017年01月02日

ジョン・ウィック John Wick





早く寝ないと

ブギーマンが来るぞ

沼地からやって来る

そして悪い子を

さらって行く

“ババヤガ”












2017年に続編「ジョン・ウィック:チャプター2」が公開されると聴いて、シリーズ第一作目に当る「ジョン・ウィック」を、ながら見で再見してみました。



主人公が単身で巨悪に立ち向かうというシチュエーションは、私の大好物なので、公開当時は期待して観たのですが、いくつかの点で消化不良なところというか、不満が残る部分があり、レビュー記事にまではしていませんでしたが、続編にはキアヌの盟友ローレンス・フィッシュバーンも出演するということで、期待も込めて、また備忘録という意味も含めてレビューを記しておきたいと思います。



さて、本作品はキアヌ・リーブス自身が主演と製作総指揮にあたり、日本のアニメ、マーシャル・アーツ、殺陣、香港映画のガン・フー、マカロニ・ウェスタンを下敷きに、引退した凄腕の殺し屋の復讐劇を描くアクション映画で、R15指定作品ですので、お子様はくれぐれも元服を過ぎるまではご鑑賞されないようにお願いします。

John-Wick-Action-Scenes-Sequences.jpg


キアヌ演じる主人公ジョン・ウィックは、妻との出逢いを期に現役を引退した裏社会の伝説的な殺し屋です。

そして、ジョン・ウィックの親友でもあり、凄腕スナイパーを演じるのは、「ストリート・オブ・ファイヤー」「プラトーン」「最後の誘惑」「ワイルド・アット・ハート」「スパイダーマン」シリーズのウィレム・デフォー。

600px-JohnWickM77-2.jpg

裏の組織の傘下で盗難車をクリーニングする店を経営するオーナーを演じるのは、「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」「ランド・オブ・ザ・デッド」「アイス・エイジ」シリーズのジョン・レグイザモ。

3i3jlvunbns.maxresdefault.jpg

そして、過去にジョンを雇っていたロシアン・マフィアのボスで、今回ジョンの抹殺命令を出す、ヴィゴ役に本国の「ミレニアム」シリーズでミカエルを演じ、「ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル」でも悪役を演じたスウェーデンの俳優ミカエル・ニクヴィストという個人的に贔屓の俳優が出ているので、とても期待して観た記憶があります。

wick1.jpg







映画「ジョン・ウィック」のストーリー:12時にディナーの予約を頼みたい


JohnWickFinalTrailer01_400x225.jpg

かつて裏社会にその名を轟かせた凄腕の殺し屋ジョン・ウィックは、5年前に最愛の女性ヘレンと出逢い殺し屋を引退し、裏社会から足を洗う。

平穏な結婚生活を送るジョンであったがヘレンが病で亡くなり、生きる希望を失う。

だが、ヘレンは残される夫を心配して仔犬デイジーを手配しており、その存在がジョンの新たな希望となりつつあった。

d4a1a59a63ec84313d4d8805a969a439.jpg

その矢先、ジョンの車を狙った強盗に家を襲われ、車を奪われただけではなくデイジーも殺されてしまう。

大事なものを再度失ったジョンは、復讐のため、裏社会へ戻ることを決意する。


John-Wick-1.jpg



強盗の正体は、大きな勢力を築くロシアンマフィア・ヴィゴの息子・ヨセフであった。

実はジョンはヴィゴに雇われていた殺し屋であり、ヴィゴの現在の勢力もジョンの働きによるものだった。

ジョンの実力を熟知するヴィゴは、すぐに彼との交渉と説得を試みるが失敗し、仕方なく手下達にジョンの家を襲撃させる。

だが、ヴィゴの予想通り、ジョンは全員を返り討ちにしてしまう。

johnwickjkt-cx-acc.jpg


そこでヴィゴは、懸賞金200万ドルでジョンの暗殺を殺し屋達に公示し、ジョンの親友であり、ヴィゴと旧知の仲でもある凄腕のスナイパー、マーカスにも声をかける。



親友ジョンの殺しの依頼を快諾するマーカス。


果たしてジョンの復讐は果たせるのか?


ジョンの復習劇の果てに待つものは?





ここからはネタバレですので、本編未見の方はご注意下さい。
posted by 大塚陽一 at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画スイッチ

2016年11月18日

アウトロー Jack Reacher





ジャック・リーチャー。

ジョンの愛称ではなく、ミドルネームなし。

まるでゴースト(幽霊)だ。

運転免許の所有歴なし。

過去を含めて住所なし。

クレジットカードも持っていない、私書箱、携帯電話、eメールなし、なにもない。

「一体何者なんだ?」

経歴なら分かります。

軍人の家系。

海外の基地で生まれ育ち、父親は海兵隊員、母親はフランス人。

陸軍士官学校に入る為アメリカに来た。

卒業後戦地を転々とする、イラク、アフガニスタン、東ヨーロッパ、バルカン半島、世界中だ。

何度も手柄を立てた。

シルバースター(銀星章)、ブロンズスター(青銅星章)、勲功章、国防勲功章とやらも受章・・・はじめて聴いた。

それに名誉負傷賞。

現役中の大半は軍警察に所属し、誰もが認める腕利きの捜査官だが、トラブルメイカーでもあった。

大尉に格下げとなるが、少佐の地位を取り戻す。

ところが2年前除隊した。

軍の中でずっと人生を送ってきたのに、あっさり辞めた。

そして、それが人生2度目となるがアメリカに帰国した後、姿を消す。



















イギリス人でアメリカの作家、リー・チャイルドのベストセラー・シリーズ「ジャック・リーチャーシリーズ」9作目の小説『アウトロー』(原題: One Shot)を原作としたアクション映画です。



原作のリーチャーは巨漢というイメージで描かれていますが、主演のトム・クルーズはどちらかというと身体は見事に鍛えられているものの、小柄な体格です。

当初はイメージと合わないんじゃないかと言われていましたが、原作者リー・チャイルドはトムを絶賛。

本編を鑑賞すると確かに、トムのキャラクターとリーチャーのそれはうまくブレンドされていて、とても魅力的に感じます。

理想的な形で実写版ジャック・リーチャーを誕生させたといっても過言ではないのではないでしょうか。


Jack Reacher duvall.png

脇を固める俳優陣も、玄人好みのロバート・デュバル(「地獄の黙示録」「ゴッドファーザー」)や「007/ダイ・アナザーデイ」で氷の女ミランダ・フロストを演じ「ゴーン・ガール」でアカデミー主演女優賞にノミネートされたロザムンド・パイクなど、渋めの布陣で個人的には嬉しいキャスティングでした。

Jack Reacher escena ascensor.png







映画「アウトロー」のストーリー : 4862681



Jack Reacher inicio1.png

ペンシルベニア州ピッツバーグ、男が運転する白いバンがアレゲニー川沿いにあるPNCパークの対岸の立体駐車場に入り、駐車料金を払った後スナイパーライフルで6発の銃弾を発射、5人の人々を狙撃するという無差別殺人事件が起こった。

Jack Reacher pistas1.jpg

すぐに警察が到着、エマーソン刑事たちは薬莢と有料駐車場の支払いに使われた硬貨を発見する。

硬貨の指紋から元アメリカ陸軍のスナイパー、ジェームズ・バーが容疑者として浮上する。

彼の家に突入するとバンと犯行に使われたライフルが見つかり、バーは逮捕された。


Jack Reacher travelling circular.png

エマーソン刑事と地方検事のアレックス・ロディンによる取り調べの中で、バーはメモ帳に「ジャック・リーチャーを呼べ」と書く。

ジャック・リーチャーは元米軍憲兵隊捜査官で、現在は流れ者となっていた。

リーチャーはバーや狙撃事件のニュースを見た後、ピッツバーグに着く。

リーチャーは、証拠の提示は拒否されたが、バーに会うことは許された。

バーは、護送中に他の受刑者から暴力を受け昏睡状態に陥っていた。

そこでリーチャーは、バーの弁護士で地方検事の娘であるヘレン・ロディンと会う。

jack-reacher-tv-spot-guns-cruise.jpg




果たして本当に単純な異常者の無差別殺人事件だったのか?


調査を進めるジャック・リーチャーに付きまとう影の正体は?













続きを読む
posted by 大塚陽一 at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画スイッチ

2016年10月16日

シン・ゴジラの「シン」は「真」か「神」か「新」か、はたまた「侵」か?




次のリーダーがすぐに決まるのが強みだな


















はい。



こちらも観てきました。



しかし、評判がいいですね〜、『「復活」でも「再生」でもない今まで誰も見た事のないゴジラをコンセプトにして』いるそうですが、その通りで、過去のシリーズを黒歴史と呼んでいる方もいるとかいないとか・・・




私はといえば・・・乗れませんでした(^^;



なぜかって?

それは拙ブログの「ミッション:インポッシブル」の感想とほぼ同じだからなのです。





シン・ゴジラのストーリー:「ガッズィ〜ラ!」


2016年11月3日8時30分ごろ、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生。

政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。



矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、いち早く巨大生物に因していると示唆するが、一笑に付される。

しかし、間もなく巨大生物の尻尾部分がテレビ報道されたため、政府は認識を改める。

巨大生物は多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸、北進をはじめる。



対処方針は駆除と決まり、政府は自衛隊に害獣駆除を目的とした出動を要請する。

巨大生物は北品川近くで変形、直立二足歩行を始める。

自衛隊の攻撃ヘリコプターが攻撃位置に到着するが、付近に逃げ遅れた住民が発見され、攻撃は中止される。

巨大生物は突然歩行を止め、京浜運河から東京湾へと姿を消す。

巨大生物は上陸から2時間強で死者・行方不明者100名以上の被害を出した。


巨大生物の再度襲来に備え、矢口を事務局長とした「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。

被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源だと判明する。

米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は海洋投棄された放射性廃棄物に適応進化した、「ゴジラ (Godzilla)」と名付けられた生物であること、その生物を研究していた牧悟郎という学者が行方不明であること、牧が残した謎の暗号化資料等が日本側に提供される。

巨災対は、ゴジラは体内の原子炉状の器官から活動エネルギーを得ており、そこから生じる熱は血液循環によって発散しているため、血液循環を阻害すればゴジラは生命維持のため自らスクラム停止・急激な冷却を行い、活動停止するはずであると結論づけ、血液凝固剤の経口投与によってゴジラを凍結させる仮称「矢口プラン」の準備を始める。



11月7日11時40分ごろ、前回の倍近い大きさとなったゴジラが鎌倉市に再上陸し、横浜市・川崎市を縦断して武蔵小杉に至る。

自衛隊は武蔵小杉から多摩川河川敷を防衛線とした、ゴジラの都内進入阻止のための総力作戦「タバ作戦」を実行するが、傷一つ付けることができず、突破されてしまう。

ゴジラは大田区・世田谷区・目黒区へと進行する。米国からの大使館防衛を理由に爆撃機をグアムから日本に向かわせたとの通知を受けて、政府は正式に米国に攻撃支援を要請する。

港区にまで進行してきたゴジラに対し、米軍の爆撃機は大型貫通爆弾によってゴジラに初めて傷を負わせることに成功するが、直後にゴジラは突如、黒煙を口から吐き出し始め、それを火炎放射に変化させると東京の街を火の海に変えた後、火炎を光線に変化させ、直後に背部からも複数の光線を放射し始め、爆撃機をすべて撃墜し、光線と火炎放射を吐き出しつつ、蹂躙しながら港・千代田・中央3区の市街地を破壊する。

総理大臣官邸から立川広域防災基地へ避難するところであった総理大臣らが乗ったヘリコプターも光線によって撃墜され、総理を含め閣僚11名が死亡する。

一方ゴジラは、東京駅構内で突然活動を停止する。



政府機能は立川に移転、総理大臣臨時代理も立てられ、矢口はゴジラ対策の特命担当大臣に任命される。

米軍の爆撃で得られたゴジラの組織片の分析より、今後ゴジラは無性生殖によりネズミ算式に増殖でき群体化のおそれがあることや、個体進化により小型化や有翼化し、大陸間を超えて拡散する可能性が示唆された。また2週間後には活動再開すると予測された。

国連安保理はゴジラへの熱核攻撃を決議し、住民360万人の疎開が行われる。

巨災対は核攻撃ではなく矢口プランによるゴジラ停止の完遂を切望するが、ゴジラには元素を変換する能力もあったことが判明し、血液凝固剤が無力化される懸念が生じてしまった。

その直後、それまで謎だった牧の暗号化資料の解読の糸口が見つかり、解読・解析結果からゴジラの元素変換機能を阻害する極限環境微生物の分子式が得られる。

それを抑制剤として血液凝固剤と併せて投与することで解決の見通しが立った。



国連軍の熱核攻撃開始が迫る中、矢口プランは、「ヤシオリ作戦」という作戦名で、日米共同作戦として開始される。

無人運転の列車を使った爆弾でゴジラを起こし、次にエネルギー消耗のみを狙った米軍の無人航空機群による攻撃が、ゴジラが光線を出せなくなるまで続く。

光線が途切れたところで付近の高層ビルをゴジラに向け爆破・倒壊させてゴジラを転倒させる。建設機械部隊とコンクリートポンプ車隊が近づきポンプ車のアームより累計数百キロリットルの血液凝固剤をゴジラの口内に流し込む。

途中、ゴジラが光線を吐き出して抵抗を見せたりしたものの、これらの繰り返しにより、ようやくゴジラの凍結に成功する。



その後、都心を汚染したゴジラの放射性物質は半減期が20日と短く、2 - 3年で影響がなくなることが判明。

復興の希望も見えたが、ゴジラが活動を再開した場合には熱核攻撃のカウントダウンが再開され、58分46秒後に実施される。

東京駅脇に凍りついたまま立ちつくすゴジラ。

その尻尾の先端には、背びれを持つ人型が数体、生じかけたまま静止していた。






はい。


あの巨大怪獣、ゴジラじゃないといけなかったのでしょうか?

この映画の題名、ゴジラがはいっていないといけなかったのでしょうか?



私が乗れなかったのは、まさにそこなのです。





確かに、リアリティがあって、風刺も利いてて、手に汗握って・・・でも、あれってゴジラ?

ってとこなのです。



それだけ。




あの巨大怪獣の名前が別の名前だったら、そして、映画の題名が別のネーミングだったら、何度も観に行くくらい気に入っていたと思うんですけどねぇ。



なので、この評判を受けて続編の製作が決まって実際に放映されても、私は行かないでしょう。

それよりも、「シン・ゴジラ」を観る為に払ったお金と、鑑賞に費やした時間を返して欲しい。

いや、「シン・ゴジラ」の記憶を消して欲しい。



そのぐらいの思いなのです。





もし、私がシン・ゴジラ続編を観に行く気になるとしたら、その内容は・・・
posted by 大塚陽一 at 00:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画スイッチ

2016年10月15日

映画「君の名は。your name.」







朝、目が覚めるとなぜか泣いている。



こういうことが私には、時々ある。





そして、

見ていたはずの夢は、

いつも思い出せない。





















観ましたよ。



もともとRADWINPSが大好物だったから、観に行くつもりでした。

そこで、いつものように、まずサントラを手に入れて聴いたところ、#スパークルの「うつくしく、もがくよ」というフレーズを聴いて、今の自分とオーバーラップして号泣。

「いい映画は音楽もいい」という持論を持っている私は、「絶対に何があってもどんなトラブルに見舞われても観に行くぞ!」と思い極め、家族全員のスケジュールを調整。

家族全員で観にいきました。

感動して、すぐさま小説版を購入、いつものようにあとがきや解説から読み出したのですが、本編を読む前に号泣。

解説で泣いたのは生まれて始めてです。





もし、まだ未見の方がいらっしゃったらいけないので、できるだけネタバレのないように紹介したいと思いますが、ほんと、できるだけ情報を仕入れない状態で観に行かれることをお勧めします。

前もってネタバレしてから観るのは、本当にもったいない!


30250681_65385.jpg








「君の名は。」のストーリー:「・・・お姉ちゃん、ほんとに自分のおっぱい好きやな」


20160826_kiminonawa05.jpg



東京の四ツ谷に暮らす男子高校生・立花瀧は、ある朝、目を覚ますと飛騨の山奥にある糸守町の女子高生・宮水三葉になっていた。


そして、三葉は瀧の身体に。

vlcsnap-error912.png



2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。


62022737.png

翌朝、無事に元の身体に戻った2人は入れ替わったことをほとんど忘れていたが、周囲の人達の反応や、その後もたびたび「入れ替わり」が起きたことによって、ただの夢ではなく実在の誰かと入れ替わっていることに気づく。


CrZPZ7pUMAAeaqf.jpg


2人はスマートフォンのメモを通してやりとりをし、入れ替わっている間のルールを決め、元の身体に戻ったあと困らないよう日記を残すことにした。

2016082804.jpg



性別も暮らす環境もまったく異なる瀧と三葉の入れ替わりには多々困難がありながらも、お互い束の間の入れ替わりを楽しみつつ次第に打ち解けていく。

607ff49a-962a-4c50-a0bb-5cf249e90d36___________2016-05-14_23.55.18_.png


しかし、その入れ替わりは突然途絶えてしまう。



ee60d23b.jpg


二人の特別なつながりを感じた瀧は、三葉に逢いに行こうと決意する。



CmAibO0UsAAmAWv.jpg





しかし、辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた。

-2016-09-25-5.26.07_zpslo6xpq3l.jpg










さて、ここから先は、できるだけネタバレのないように紹介したいと言いながら、多少のネタバレを交えつつ、更に紹介したいと思いますので、本編未見の方は、悪いことは言いませんから、絶対に、絶対に!ここから先は見ないでくださいっ!!
posted by 大塚陽一 at 21:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画スイッチ
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。