2009年05月07日

プロハンター:PRO-HUNTER

天使の空

星が泳ぎ

俺たち汚す悲しみも今消えるさ

そして lost is my heart and my soul

そうさ lost is my heart and my soul








クリエイションロンリーハート」より】





厳密に言うと、「プロハンター」は30年近く前にTVで放送していた連続ドラマなので、映画というカテゴリではないのですが、大塚が幼少時にかなりの影響を受けたTV映画として紹介したいと思います。





先日(4月16日放送分)の「サッタモまちかど放送局」、アナさん担当番組「サッタモ・アナリスト」で、博多弁の特別講師として大塚の義母をゲスト(!)に迎えて、博多弁講座をやっていたのですが、その中で、ヤモリを「かべちょろ」と呼ぶのが、博多弁ではないが福岡(北九州)の言葉であり、標準語でないという話題が出ていました。

当日放送ログ↓





しかし、標準語ではなくとも、「かべちょろ」という言葉は、かなり知れ渡っているそうですが、「かべちょろ」を全国区にしたのが、表題の「プロハンター」ではないかと、思ったのです。


prohuntertitle.jpg


劇中で、北九州出身の草刈正雄さん演じる元新聞記者竜崎が、柴田恭兵さん演じる泥棒五島のことを「かべちょろが!」と言っていたので、当時小学生だった我々の間で「かべちょろ」と呼び合ったり「〜だっちゅうに!」とか語尾に付けるのが、流行りました(^▽^)

それで、全国区になったんじゃないかと・・・(どうだろ?)



しかし・・・いいドラマでしたねぇ。

竜さんと一緒にM&R探偵事務所でコンビを組んだ藤竜也さん演じる元刑事の水さん。

小川眞由美さん演じる女編集長。

名取裕子さん演じる探偵事務所の下の階にある喫茶店のユミちゃん。

水上功治さん演じる弟分オサム。

宍戸錠さんと小林稔侍さん演じる刑事のデコボココンビ。



今考えると、かなり豪華なキャスティングですねぇ〜(^▽^)

ストーリーも上質で、すごく印象に残っているエピソードが、いくつもあります。

で、何より、キャラクターの持つ魅力が凄かった。

すごく憧れました。

prohunterphoto1.jpg

どのキャラも光っていて・・・今では、ああいうドラマは、作品的にも役者的にも、望めないでしょうねぇ・・・。

でも、こういう子供が憧れるようなドラマを、作って欲しいです。

理屈がどうこうとか、モラルがどうこうとかじゃなく、キャラクターの生き様がカッコいい!そういうドラマです。



エンディング曲クリエイションの「ロンリーハート」のようつべを、どうぞ!








オープニングも♪












そういえば、小川眞由美さんが竜さん(草刈正雄)のことを、「ねぇ〜トロント〜」と呼んでいましたが、「トロント」って、どういう意味なのかな?

まぁ、いいか、では!

おたのしや〜(^▽^)
posted by 大塚陽一 at 11:15 | Comment(8) | TrackBack(0) | ロマンスイッチ

2008年10月24日

君だけが知らない

君を見付けると


子供たちは一斉に駆け出す


我先に、


ママに抱かれようと


君へと駆け出す


俺は駆け出したりはしない


駆け出したりはしないが


心は確かに


心は確かに君へと駆け出している


君へと駆け出している




※当記事は、拙ブログ過去記事の詩を再録したものです。
posted by 大塚陽一 at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンスイッチ

2008年03月24日

今日の一言:犬飼 ターボ「チャンス」より



「君には君の成功がある」






inukaita-bosantati.jpg
犬飼 ターボチャンス」より】続きを読む
posted by 大塚陽一 at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンスイッチ

2008年02月22日

今日の一言:野上 弥生子

「いかに見栄えのしない草でも

春とともに花になるように、

人は恋することによって

それ自身を花咲かせる」



080222nogamiyaekosan.jpg
野上 弥生子続きを読む
posted by 大塚陽一 at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンスイッチ

2008年02月07日

今日の一言:岡本 太郎



「下手のほうがいいんだ。

 笑い出すほど不器用だったら、

 それはかえって楽しいじゃないか」




OkamotoTarouPR-right.jpg
岡本 太郎
続きを読む
posted by 大塚陽一 at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロマンスイッチ
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。