2015年02月13日

コンサルティングとカウンセリングの違い






「崖の途中で草にしがみつき、

 何とか上へ登ろうと

 もがき苦しんでいたが、

 思い切って両手を離すと、

 何のことはない草地に軟着陸し、

 そこには新しい世界がひろがっていた」



と答えた人があって、

感心させれた










河合隼雄







私自身が仕事で、心理カウンセリングやキャリアカウンセリング、キャリアコンサルティング、人事コンサルティング、接客サービス・店舗コンサルティングなどを行っている中で、よく感じるのが、クライアントの認識の中でコンサルティングとカウンセリングの違いが不明瞭、或いは混同しているケースが多く、その認識の乖離によって、うまく結果に結びつかないということがあるので、ここで一度コンサルティングとカウンセリングの違いを明確にしておきたいと思います。





まず、「コンサルティング」とは語義的には「相談に乗ること」で、対企業のコンサルティングであれば、「業務における問題の発見・解決策の提案・業務の改善の補助、経営戦略への提言などを」することとなるでしょう。

対個人のコンサルティングであれば、それこそ語義の通り「クライアントの抱えている問題や悩みに対して、それを解消解決するための提案・提言などを」することとなります。



ですから、「コンサルティング」は、簡単に言うと対企業であっても対個人であっても、クライアントに対して相談に乗って、クライアントの抱える問題や悩みを改善、或いは解決できるいいアドバイスを行うというのが目的になります。





次に「カウンセリング」の大きな目的は、クライアント自身が自分の混乱(頭の中の混乱、および情緒的な混乱)を静め、整理整頓することをサポートしたり、孤独感を解消することなどです。


そのために、カウンセラーは、クライアントの話にひたすら耳を傾けます。



クライアントは、カウンセラーに話を聞いてもらえた、カウンセラーに理解してもらえた、という経験を通して、冷静に客観的に自己を見つめられるようになり、回復の道や自ら望む改善の道を歩んでいくようになります。



一方コンサルティングでは、コンサルタントは、クライアントに対し、コンサルタント自らの知識・方法を、教え伝えることがメインになります。

と、言うことは、コンサルティングにおいてクライアントは、自分が何をどうしたいのか、自分自身で理解できている必要があります。

何をどうしたいのかが、分からないほど混乱している場合や、人のアドバイスを聞き入れる余裕がない人にとっては、コンサルティングは無力です。



何をどうしたいのか分からないというのは、何をどうしたらいいか分からないという意味ではありません。

何をどうしたいのか分からないというのは、自分自身の欲求がわからないという状態ですが、何をどうしたらいいか分からないというのは、方法がわからないという意味です。



ですから、コンサルティングの初期段階においてカウンセリングを行ってからコンサルティングに移行するケースもありますが、クライアントの満足できる効果が出るまで時間がかかり、なかなか難しい面があります。



最初から時間や回数、コミュニケーションのチャンネルが限られているコンサルティング(電話相談やメール相談など)では、十分にカウンセリングできるものではないので、時には、そのまま電話やメールなどを使ったコンサルを続けるよりも、病院に行くことをお勧めする場合や、切り替えて、面談によるカウンセリングをお勧めする場合があります。







少しコンサルティングとカウンセリングの違いについて、例をあげてご説明します。





私は、経営に悩む経営者のカウンセリングをすることはできますが、経営のコンサルティングはできません。



私は、クライアントが私より頭がよくても、私より年齢が高くてもも、私より社会的地位が高くても、女性でも子どもでも、自信を持ってカウンセリングをすることができます。

それは、相手の年齢や性別、社会的地位に関係なく、それが悩み苦しむ人であれば、その気持ちをしっかり受け止めたり、理解しようと努めることができるからです。

しかし、これがコンサルティングであれば、私より知識のない人にしかすることができません。

私は、人事や接客サービス、店舗戦略といった分野に限って言えば、専門的な知識も実務経験もあるので、コンサルティングができますが、企業全体の経営で言えば、財務であれば、公認会計士や税理士、法務であれば、弁護士に比べ、圧倒的に知識がありませんし、業務の効率化に活かせるシステム開発の技術もありません。

ですから、具体的な(私の専門外の)経営に関する改善策や解決案を求められても、正確なアドバイスをすることができず、私の知人の公認会計士や税理士、社会保険労務士や弁護士といった、その道の専門家を紹介するしかないということになるでしょう。





私が、経営に対するコンサルティングができないと言う理由は、そういった意味です。



コンサルティングは、求める知識のない人がそれを知っている専門家から得るためのものです。







以前、手続きのための弁護士に行く前に、私のカウンセリングを受けに来たクライアントがいました。

法的な問題だったのですが、私の所でカウンセリングを受け、本当は自分自身が何をどうしたいのか、自分の求めるところを自分なりにちゃんと明確化してから、弁護士に相談しようと思ったのだそうです。

そのクライアントは、私の所で情緒的な問題を解決してから弁護士の所に行ったため、無駄なお金(弁護士費用)や無駄な時間を使うこともなく、非常にスムーズに事が進んだようです。



このクライアントは、カウンセリングというものをよく理解されていて、カウンセラーを非常に上手に利用した方ですね。






コンサルティングは対症療法的なもので、カウンセリングは根本解決を目指すもの、と定義付ける方もいらっしゃるそうです。

あなたも、コンサルティングとカウンセリングの違いをよく理解して、上手にコンサルタントやとカウンセラーを利用していただけたら、と思います。







プロカウンセラーが教えるはじめての傾聴術 [ 古宮昇 ]

価格:1,512円
(2015/2/13 23:53時点)
感想(4件)



恋愛心理カウンセラーの大好きな彼があなたと結婚したくなる本 [ 水希 ]

価格:1,512円
(2015/2/13 23:54時点)
感想(2件)



コンサルタントの道具箱 [ ジェラルド・M.ワインバーグ ]

価格:2,376円
(2015/2/13 23:55時点)
感想(2件)



コンサルタントの「質問力」 [ 野口吉昭 ]

価格:864円
(2015/2/13 23:55時点)
感想(12件)


posted by 大塚陽一 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススイッチ

2008年09月07日

社員の人生に責任を持つ企業

今年に入って、大塚は、師匠とも言えるCMCの塩田俊朗(しおたとしあき)先生にご指導いただきながら、大塚の勤める企業を、表題の通り「社員の人生に責任を持つ企業」にするため、頑張っています!

塩田先生については、またいずれ詳しくご紹介させていただきたいと思っていますが、今日は、その塩田先生から、「大塚ちゃん、こういう企業を目指さなきゃ、これからは駄目だよ!」と教えていただいた企業について、紹介したいと思います。



「社員の人生に責任を持つ企業」例の第一番目に塩田先生が挙げられたのが、「樹研工業」さんです。

企業情報等は、リンク先をご覧いただくとして、数々のユニークな社風を持つ同社なのですが、特にびっくりしたのは、まず、採用に関しての考え方なのですが、「樹研工業」さんでは、先着順に、社員を採用しているのです(*0*)

いあ、本当に!



matsuuramotoo.jpg

極微細な精密加工技術分野で、ギネス認定の世界一小さい「100万分の1グラム」という、まだ使い道さえない「世界一小さい歯車」を誇る同社松浦社長は、

世界一を誇りたいのは社員である。したがって当社では先ず“人ありき”であり、その人が情熱を注ぎ込める仕事があって、それが組織になる!

また、

経営者の役割は、社員がチャンスとモチベーションを取り込めるような環境を提供することだ

と仰っているそうです。



そういう企業ですから、数々の伝説が残っているのですが、大塚が、ビックリしたのが、同社で3年間入院生活を続けた社員に、その3年間ずっと「給料」と「ボーナス」を払い続けた事例があるそうです(@0@)

いあ、それぐらいでビックリしては、いけません!

さらにすごいのが、ガンを患われて余命宣告を受けた社員が、入院して闘病生活を続けた5年の間、ずっと「給料」と「ボーナス」を払い続けたそうです(〇o〇;))))!!
もちろん、当初から、仕事に復帰することが望めないのが分かっていたのに、ですぞ!!



「社員の人生に責任を持つ企業」とは、こういう企業のことを言うんですねぇ・・・(^▽^)

惚れない社員が居るわけがないでしょう(^▽^)




こういう企業にしないといけません。

それが、今の大塚の使命です。




posted by 大塚陽一 at 11:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | ビジネススイッチ

2008年06月05日

今日の一言:仮面ライダークウガ

「いつも誰かの笑顔のために頑張れる

    ・・・それってすごく素敵なことじゃないか」









              【仮面ライダークウガ続きを読む
posted by 大塚陽一 at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススイッチ

2008年05月27日

今日の一言:ウィリアム・ボイド

「14歳の子供に、

 自分がどんな仕事をしているか説明できない奴は、

 みなペテン師である」








williamboyd.jpg
                     【ウィリアム・ボイド続きを読む
posted by 大塚陽一 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススイッチ

2008年05月25日

今日の一言:曹操

「政治こそ、



 人間の仕事の内で、最高な理想を行いうる大事業だ」






sousou.JPG
                  【曹操続きを読む
posted by 大塚陽一 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススイッチ
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。