2014年06月08日

映画「推理作家ポー 最期の5日間」:The Raven





史上初の推理作家である


彼の若すぎる死は


その小説以上に謎に包まれている





死の直前、


彼に何が起こったのか?





それは、


ひとつの殺人事件からはじまった
















探偵推理(ミステリ)小説の父と呼ばれ、その影響を受けた作家は、ミステリ界のみならず、怪奇・ホラー、SF等の様々なジャンルに及ぶという、19世紀アメリカで実在した偉大なる作家にして詩人であるエドガー・アラン・ポーが主人公です。

冒頭の言葉の通り、彼の死は謎に包まれていて、様々な憶測を呼んでいました。

今回は、虚実取り混ぜながら、その謎に迫ろうとしたサスペンス・スリラー大作です。







主人公エドガー・アラン・ポーを演じるのは、「2012」や「コン・エアー」「ハイ・フィデリティ」「1408号室」などでお馴染みのジョン・キューザック。



ポーと共に猟奇殺人の捜査にあたる警視エメット・フィールズを演じるのは、「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」でアラミスを演じたルーク・エヴァンス。



監督は「V・フォー・ヴェンデッタ」のジェームズ・マクティーグ。

今気付きましたが、「V・フォー・ヴェンデッタ」は大好きな作品なのに、まだレビューを書いてませんでした。

近いうちに書きたいと思います(^^;)










映画「推理作家ポー 最期の5日間」のストーリー:「never more!(二度とない)」

1849年10月、アメリカ合衆国ボルティモア。

ある夜、密室で母娘が犠牲となる凄惨な猟奇殺人事件が発生する。

現場に駆けつけたエメット・フィールズ警視は、それが数年前に出版されたエドガー・アラン・ポーの推理小説「モルグ街の殺人」の模倣であることに気づく。

ほどなく第2の模倣殺人が起こり、フィールズはポーに捜査への協力を要請。

ところが今度は、ポーの恋人で地元名士の令嬢エミリーが、彼女の誕生日を祝う仮面舞踏会の会場から忽然とさらわれてしまう。

しかも犯人はポーに対し、一連の事件を小説にして新聞に掲載すれば、今後出てくる死体にエミリーの居場所のヒントを残してあげようと戦慄の挑戦状も用意していた。

為す術なく、犯人の要求に従い原稿を書くポーだったが・・・







超完全解読カテゴリに入れていますが、今回は、超完全解読というよりは、本来見たかった、本来あるべき「推理作家ポー 最期の5日間」への思いを下敷きにした観想などを書きたいと思います。

例のごとくネタバレありですので、未見の方やネタバレ嫌いな方は、本編御鑑賞後に↓へおいでください。

m(_ _)m







続きを読む
posted by 大塚陽一 at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・超完全解読スイッチ

2014年04月27日

映画「ブルーベルベット:BLUE VELVET」




彼女のドレスはブルーベルベット

それより青い夜のしじま

サテンより滑らかな星の光



彼女のドレスはブルーベルベット

それより青い彼女の瞳

五月より温かい彼女の吐息



愛は僕らのものだった











ブルーベルベット








リンチ好きと公言していたわりに、リンチ作品初レビューになりますね。

これは、デヴィッド・リンチ自ら温めた脚本を使った監督三本目の作品です。

リンチ作品のお馴染みカイル・マクラクラン、ローラ・ダーン、イザベラ・ロッセリーニ、ジャック・ナンスという顔ぶれに、アルコールと薬物依存のリハビリから復帰したばかりのデニス・ホッパーを迎えた、リンチにしては分かりやすいストレイトなストーリーといわれている作品ですが、なんのなんの、リンチ好きから言わせるとやっぱり「見た目と違う」一筋縄ではいかない作品になっちゃっています。



お馴染み・・・といえば、本作品からアンジェロ・バラメンティが音楽で参加、「ツインピークス」でメインタイトルを歌った歌姫ジュリー・クルーズも「愛のミステリー」で参加しております。



また、「ジョン・ウーといえばハト」、「リンチといえば木材とハイウェイ」と言われて(誰から?)いますが、それもこの頃からちゃんと、しっかり描かれています。









「ブルーベルベット」のストーリー:「暗闇だ」「ぶって!」


卒中で倒れた父親の入院を期に、ジェフリー・ボーモントは、大学を休学して、生まれ故郷である田舎町、ランバートンに帰郷した。

父親を見舞った帰りに、野原を通りかかったジェフリーは、切断された人間の片耳を発見する。


05-ear (1).png




問題の片耳を、父親の友人である、ジョン・ウィリアムズ刑事の元に届けたジェフリーは、それが縁でウィリアムズ刑事の娘、サンディと知り合う。

ウィリアムズ刑事の話を盗み聞きしたサンディによると、今回の事件には、ドロシー・ヴァレンズなるクラブ歌手が、関係しているらしい。

18-blue-velvet.png



好奇心を覚えたジェフリーは、事件解決の手がかりを得るため、ドロシーが暮らすディープ・リヴァー・アパートの710号室に無断で侵入する。

クローゼットに身を潜めたジェフリーが、そこで垣間見たのは、ドロシーが、謎の人物、フランク・ブースと共に繰り広げる、倒錯的な性行為の一部始終であった。

この事をきっかけに、ジェフリーは徐々に、隠されていた世界へと、引きずり込まれていく。

46-frank-in-car.png







はい、ブルーベルベットのあらすじをご紹介しましたが、確かに一見分かりやすく明快なサスペンスストーリーになっていますが、実はストーリーを実際にジェフリーの身に起こったこととして考えるとおかしなことばかりなのです。



ここから先は、ネタバレを含んだ内容になりますので、ネタバレが嫌いな方は、ぜひ本編をご覧になってから先にお進みください。







続きを読む
posted by 大塚陽一 at 20:45 | Comment(4) | TrackBack(0) |   ・超完全解読スイッチ

2014年03月23日

サイレントヒル:リベレーション(Silent Hill: Revelation)の超完全解読・・・というより完全に大塚の深読み♪









You Are Now Leaving Silent Hill 



640px-You_Are_Now_Leaving...jpg












【2500円以上送料無料】サイレントヒル:リベレーション(Blu−ray Disc)/アデレイド・クレメンス

価格:4,935円
(2014/3/23 23:48時点)
感想(0件)






この映画はコナミから発売されているホラーゲーム「サイレントヒル」シリーズを実写化したもので、2006年に公開された映画「サイレントヒル」の続編第二弾です。監督含め、製作スタッフが大きく変更になったのですが、前作の続編として一部キャストなどを繋いでいます。



さて、やっと見ましたよ〜DVDで!



本当は上映中に映画館で見てすぐに感想というか、考察というか、超完全解読をブログにアップしようと思っていたのですが、大塚の暮らす博多では上映期間が短く、いつ始まりいつ終わったのだろう?という感じでほんとに気づいた頃には上映期間を過ぎていました。

(DVD化してからもしばらく気づきませんでしたけど・・・w)



コホン。



さて、さっそくストーリーを紹介してから大塚による大塚のための大塚的な完全解読をはじめたいと思いますが、まず感想としては満足ではないけれども、及第点を与えてもいいと思いますし、続編として考えれば製作陣が変わったのに前作の流れをある程度ちゃんと継承してくれたことに感謝したいと思います。







「サイレントヒル:リベレーション」のストーリー:夢と現実の違いって何?



18歳の誕生日を迎えようとしているヘザーの人生は、他の同世代の女の子たちとはまったく違っていた。


幼い頃の記憶がない彼女は、父親ハリーに守られるようにして各地を転々と移り住み、夜ごとサイレントヒルという謎の街で“何か”に追われる悪夢にうなされているのだ。


そんなある日、父親が不可解な失踪を遂げ、自宅の壁には「サイレントヒルに来い」という血文字が残されていた。


やがて現実世界からスリップするように、ヘザーが不気味な深い霧と静寂に包まれたサイレントヒルに足を踏み入れると、突然鳴り響いたサイレンを合図に街は闇にのみ込まれ、この世のものとは思えない“何か”が姿を現す。


それでも勇気を奮い起こし、父親を探し出すため迷宮の奥深くへと身を投じたヘザーは、想像を絶する自らの出生の秘密、そしてサイレントヒルの呪われた真実を探りあてていくのだった・・・。




silent_hill_revelations_3d.png




ヘザーの周りをうろつく黒い人影の正体は?!




そして父親ハリーのかかえる秘密とは?




ヘザーは父親を救うことができるのか?








【注】ここから先はネタバレを含む映画「サイレントヒル:リベレーション」の考察になりますが、原作ゲームをプレイしたこともなく製作側の情報も知らない私が、心理学をスパイスに解読するものなので、製作側が意図していないことまで深読みしている可能性が高いので、そういうのが苦手な方。

ネタバレが嫌な方は見ない方がいいと思います。


















「サイレントヒル:リベレーション」の超完全解読
posted by 大塚陽一 at 23:55 | Comment(4) | TrackBack(0) |   ・超完全解読スイッチ

2009年08月19日

ジャケット:The Jacket





死を意識してから、


初めて人生が見えてくることもある

       
否応無く突然に死は訪れる

                         
人生で大切なのは信じること

                    
生きてさえ居ればいつでもやり直せる


どんなに最悪な人生でも


酒や薬に逃げるより目を開いて生きる方が幸せだ





死ぬ時に思うことはただ一つ

         
もう一度生きたい  


今度こそ生きたい






t26477.gif






SF、ファンタジー、サスペンス、ミステリ・・・色んな要素を持った映画ですが、やはり一言で言えば、ラブロマンスでしょうね。



冒頭から中盤まで、追い詰められ、拘束され、身動きもとれず、悲惨で絶望的な状況にずっと、ずぅぅ〜っと、暗く陰鬱な雰囲気のままで正直堪らなかったのですが、ちゃんと最後は祝福されています(^▽^)



そのラストシーンの暖かさには、涙が出ました(T▽T)



やっぱり、どん底まで堕ちて、それでも最後の最後に救われる、そういうドラマが好きです(^▽^)





2118-26477.gif


主演は、「戦場のピアニスト」「キングコング」「ヴィレッジ」のエイドリアン・ブロディ




切ない表情に透き通った瞳が印象的でした(^▽^)



あの、立って見つめるだけで、ジャッキーに車へ乗せる気にさせた表情は見事!




photo_27_hires.jpg



ヒロインに、「パイレーツ・オブ・カリビアン」「ドミノ」「ラブ・アクチュアリー」のキーラ・ナイトレイ




9623-26477.gif


クリス・クリストファーソンに、ジェニファー・ジェーソン・リー、そして、ダニエル・クレイグといった出演しているというだけで作品の風格が上がるような面々が、がっちり脇を固めています(^▽^)



10164-26477.gif





特に、ダニエル・クレイグの怪演は見逃せません。





やっぱり、彼の演技力は大したものですねぇ〜(^ー^)



髪を染め、役作りしたその風貌は中年期後半ごろのショーン・コネリーのそれを彷彿とさせます!


23388-26477.gif


007シリーズのプロデューサーさん達は、このダニエルを見てボンド役のオファーを決めたのじゃないかしらん?







ジャケット(The Jacket)のストーリー:「私たちには、あとどれくらい残されているの?(How much time do we have?)」




○1991年イラク(湾岸戦争)。


「砂漠の嵐」作戦中銃撃により頭部を負傷したジャック・スタークスは奇跡的に一命を取り留めるが、後遺症で心的抑圧と逆行性健忘症(記憶障害の起こる前の事を忘れ、その後も記憶があやふやになる)を患い、除隊する。


005TJK_Adrien_Brody_003.jpg




○1992年ヴァーモント州。


身寄りもなく、過去の記憶も無いジャックは、出身地であるヴァーモント州に戻り、雪の中をヒッチハイクしながらさまよっていると、故障したピックアップトラックに、酩酊して道端にへたれ込んでいるシングルマザーである母親ジーンと、その8歳の娘ジャッキーに遭遇する。




「これなあに?」


「認識票っていうんだ。ほら、ここに名前と生年月日があるだろう?」


「なんのために?」


「自分が誰か忘れたときのために」


「これ、ちょうだい」




ピックアップトラックを修理したジャックは、唯一自身のアイデンティティの証明であるドッグタグ(認識票)を、懐いてくれた素直で愛くるしいジャッキーにプレゼントして、その場を去った。




ヒッチハイクを続けるジャックは、カナダ国境に向かうと言う若い男の運転するステーションワゴンにピックアップしてもらうが、しばらくすると州警察が停車を求めてきた・・・。


photo_33_hires.jpg



場面は一転して裁判所に移り、ジャックは州警察の警官殺しで有罪となり、戦争の後遺症における心神喪失を訴える弁護側の意見が採られ、精神病院送りとなる。


ジャックが収監された病院には、人体実験に近い異常な治療を行うベッカー医師が居り、ジャックも、その「胎内に戻る治療」と呼ばれる異常な治療を受けることになる。


photo_11_hires.jpg


「胎内に戻る治療」というのは、拘束衣(ジャケット)を着せられ死体安置用の引き出しの中に閉じ込められるという実験的な矯正治療である。


the_jacket_04.jpg



薬の影響か、暗闇のせいか、湾岸戦争の時や警官が殺されたときの忌まわしい記憶の断片が脳裏をフラッシュバックし、想像を絶する恐怖に意識を失ったジャックは、いつの間にかカフェに隣接するタクシー乗り場に立っていた。


the-jacket-5962.jpg




○2007年ヴァーモント州。


ジャックは、そこでウエイトレスと出会う。


ジャックを不憫に思ったウエイトレスは、彼に泊まる場所を探してやろうとするが、その日はクリスマス・イヴで、どのホームレス用シェルターもいっぱいで、仕方なく自宅のカウチをジャックに貸すことにする。


the_jacket_08.jpg


話をしている内に、転寝してしまったウエイトレスに毛布をかけ、部屋を見ていたジャックは、ドッグタグを見付ける。





ジャック・スタークス 1964年12月25日生まれ



そして、あの雪の日故障したピックアップトラックの母子の写真を見つける。


ウエイトレスは、あの日助けた8歳のジャッキーだったのだ。


取り乱すジャッキーは、1993年元旦にジャックは死んだと告げる。


the_jacket_07.jpg






時折フラッシュバックする映像は、果たして現実の記憶なのか?それとも幻覚なのか?!



ジャックは、なぜ死んだのか?



その死の真相は?



本当に警察官を殺害したのは自分なのか?



容赦なく迫り来る四日間というタイムリミット!



果たして救いはあるのか?










個人的にツボだったのは、2007年のジャッキーの部屋にイギー・ポップ、幼少期の家の居間にデヴィッド・ボウイのポスターが張ってあったことです(^▽^)




そして、感動のラスト。


本編のラストにジャッキーが言った、ある台詞が挿入されます。




ジャックとジャッキーは、ジャックの死の真相探しの冒険を経て結ばれますが、残りの期日の刻一刻と迫る切ない恋です。


しかも、いつタイムスリップしてジャックが過去に戻ってしまうのか、もう一度未来に戻ってこれるのか、まったく分からない状態に、止むに止まれぬ切実な思いをジャッキーが口にします。


その台詞は、ジャックに対しての切実な質問だったのですが、それに対してジャックは「分からない」としか答えられません。


ラストで、その台詞が挿入されて、それに対する答えとして、ある曲が流れ出します。


この瞬間・・・大塚は号泣しました。


ラストシーンとエンドロールの曲によってこんなに感動させられたことは、これまでありませんでした。


本当に感動します(T▽T)


その曲が何なのかとか、どうしてそれが感動なのかは、以下↓のネタバレコーナーで(^^;)


ジャケットの感想や解読のようなもの(ネタバレです)
posted by 大塚陽一 at 22:31 | Comment(2) | TrackBack(1) |   ・超完全解読スイッチ

2008年12月01日

映画「サイレントヒル:SILENT HILL」超完全解読・・・というより、大塚の深読み(^^;)








感じるんだ・・・





ここにいた・・・





妻だ・・・











コメント欄にいただいた御意見に対してお返事するために、映画本編を再見・・・とはいっても(怖いので)飛ばし観してみて感じたことがあったので少々加筆してみました。(2012.9.22)





果たして、「サイレントヒル」という街は現実なのか妄想なのか・・・




081201silenthilltop.jpg






最近、映画「サイレントヒル」を再見したので、以前書いた超完全解読(と言うのも、おこがましいですが、まぁ、解読というよりも、私なりに感じたこと)を加筆訂正して紹介したいと思います。


鑑賞後・・・二度目にもかかわらず、ドッと疲れが・・・もうね、凄かったです(^▽^;)



何が?




って訊かれると、何と言っていいか分かりませんが、よくホラー映画で追いかけられる恐怖とか追い詰められる恐怖というのがあるじゃないですか?


あの追い詰められっぱなし感があるんですよ。


常に。






モンスター(クリーチャー?)が居ないシーンでも。


ただ、「サイレントヒル」の町並みが映っているだけのシーンでも。



もうね。

映像も音声もストーリーも演出も、何もかもがすごいんです。



あの、ホラー映画とかでよくある、ドキッ!ってビックリさせるヤツ、ああいうのではありません。

そういう意味ではホラーが苦手な人でもいけるかも知れません。

ただ、映画鑑賞中は、ずっと力が入りっぱなしになると思うので、疲れますよ(^。^;)







この映画の原作は日本のゲームですが、原作ゲームのファンからもゲームの世界観をほぼ完璧に再現できているということで、評価が高いようです。

私は何度か義弟がプレイしているところを観た事がある程度で原作ゲームをプレイしたことはなかったのですが、それでも霧(映画では灰)でほとんど視界が利かないところなどゲームとまったく同じ雰囲気を醸し出すことに成功していますし、クリーチャーが近付くと、ラジオからノイズが発生したりするところなんか、映画でも車のラジオからノイズが出たり、携帯電話や無線機からノイズが発生するので、「おお♪」と思いました。





ゲームをプレイしていたら、きっとすごく嬉しいんだろうなぁ・・・と思って、早速ゲーム版「サイレントヒル」(中古で300円でした)を購入して、「PS2」を購入してプレイしてから、また映画版「サイレントヒル」を観直しようと思ったのですが・・・怖くて途中で投げ出してしまい、まだクリアしていません(T皿T)。

ゲームって分かっているんですが、めちゃくちゃ怖いんです(TAT)





もちろん、ゲームをプレイしていなくても、充分見応えある映画です。

ホラーファンのみならず、映画ファンにはぜひ観て欲しい映画です!

こんな映画は、なかなかありません。





そして、この映画のすごいところは、描かれる映像やストーリーをそのまま単純に受け入れるだけでも、充分見応えある映画であるにもかかわらず、どこまでも深読みできて、その証拠に数々の考察が、ネット上で行われています。



これは、かのデヴィッド・リンチ監督の「マルホランド・ドライブ」以上の盛り上がりかもしれません。





そこで、私も久々に「超完全解読」に挑戦してみました。

ストーリー紹介の後、「超完全解読を読む」から先で、「超完全解読」を書いております。

完全にネタバレですので、映画鑑賞直後にご覧いただくことをお奨めします。

そして「超完全解読」を読み終えた後、あなたはもう一度「サイレントヒル」の再生ボタンを押さずにはいられないでしょう。












「サイレントヒル」のストーリー:
「子供にとって母親は神だから・・・」




ローズ(ラダ・ミッチェル)とクリストファー(ショーン・ビーン)・ダシルバ夫妻は、赤ん坊の頃に孤児院から養女として引き取った娘・シャロン(ジョデル・フェルランド)の奇妙な言動に悩んでいた。


シャロンは9歳になってから情緒不安定に陥り、夜中に泣き叫ぶ事が多くなっていた。


最初は夜叫症かと思われたが、段々エスカレートしていって最近では薬物療法の甲斐なく、度々何かに取りつかれたかのように「サイレントヒル・・・」という謎の呻き声を発して歩き回るのであった。

081201sh-031-02.jpg



入院させて本格的な治療をさせたいと考えるクリストファーだったが、ウェストバージニア州に「サイレントヒル」という街が実在することを探り当てたローズは、クリストファーに無断で、シャロンを連れてその街を訪ねることにする。

081201sh-031-03.jpg



「サイレントヒル」は30年前に無数の人々を犠牲にした大火災が発生し地下火災が未だに続くという忌まわしい事件により、廃墟と化した街だった。


「サイレントヒル」への道中、職務質問しようと停車を呼びかけてきた白バイの女性警官シビル・ベネット(ローリー・ホールデン)を振り切って狭い山道を飛ばすローズは、不意に路上に飛び出してきた少女を避けようとして車ごと山腹に突っ込み、そのまま意識を失ってしまう。


夜が明け、目を覚ましたローズはシャロンの姿が消えていることに気付く。


あたり一面、灰に覆われた道を歩き出した彼女は、「サイレントヒルへようこそ」と記された看板を発見し、まったく人気がなく、不気味なまでに静まり返った街の中へと足を踏み入れる。

081201sh-031-05.jpg



やがてシャロンらしき子供のシルエットを目撃したローズは、その影を追って街の中をさまよい始めるのだが・・・


次第に明らかになっていく「サイレントヒル」に隠された忌まわしい秘密。

081201sh-031-11.jpg

30年前に一体何が「サイレントヒル」で起きたのか?


なぜ、シャロンはこの街に消えたのか?

081201sh-031-18.jpg

そして、想像を絶する恐怖の迷宮に囚われていくローズは、「サイレントヒル」から抜け出すことができるのか?








サイレントヒルの超完全解読(ネタバレ)というか、大塚の深読み
posted by 大塚陽一 at 12:25 | Comment(17) | TrackBack(0) |   ・超完全解読スイッチ
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。