2014年07月11日

加納倫太郎とジャン・リュック・ピカード、そしてケネディ







アールグレイをホットで









7dda92dab52343d39bf07c5aa4f635baTxj6LS.jpg



ジャン・リュック・ピカード









TVドラマ「警視庁捜査一課9係」のシーズン9が始まりましたね、普段なかなかTVを見ることが出来ないので、どうしても飛び飛びになってしまうのですが、それでも機会があれば見ているドラマがいくつかあって、その中のひとつが「警視庁捜査一課9係」なのです。



まあ、ストーリーは毎回同じパターンなので、ながら見してもいい位なのですが、なんといっても登場人物のキャラクターと掛け合いが魅力的で、ついうち楽しみにして見ちゃいます。




でも、私にとって一番魅力的なのは、渡瀬恒彦さん演じる主人公である9係の係長加納倫太郎です。





その推理力と、一見リーダーシップもマネジメント力も何も無さそうに見えて、ちゃんとメンバーをまとめている統率力もさることながら、何があっても取り乱さない、怒らないところに憧れます。




実は、この加納係長の特長、私のロールモデルということで、最近よく書いているジョン・フィッツジェラルド・ケネディ大統領もそうですし、同じように私のロールモデルである新スタートレック・シリーズで、USSエンタープライズDおよびEの船長(ここはあえて艦長ではなく船長)ジャン・リュック・ピカードとも共通する特長なのです。







そう。


私は極度の短気者なので、特に怒らないところ、憧れます。




いや、熱い男なんですよ、ケネディも加納倫太郎も、ピカードも。



熱いけど、取り乱すような怒り方や激怒なんていうことはしません。



怒りを感じても、紳士然として取るべき態度と手段を取ることができる。





こうありたい、あの人ならこういう時どうするだろう?




そういつも思い巡らす、そういう人物達なのです。











予断ですが、サザエさんの波平役を演じた声優永井一郎さんが亡くなられて、新しく波平を演じることになるのは誰だろう?という時、私の頭に浮かんだのは、ピカードの声を当てられた麦人さんの声でした。


ところが実際はピカードではなくドクター・フロックスだったという・・・


個人的には麦人波平さんに「お〜い、母さん!お茶!アールグレイをホットで」といって欲しかったのです^^







警視庁捜査一課9係 2013 DVD-BOX [ 渡瀬恒彦 ]

価格:19,246円
(2014/7/11 01:50時点)
感想(0件)



【送料無料】新スタートレック TV傑作選 ピカード艦長ボックス/パトリック・スチュワート[DVD]【返品種別A】

価格:4,568円
(2014/7/11 01:47時点)
感想(0件)



【送料無料】 DVD/洋画/スター・トレック 新スター・トレック劇場版BOX (本編ディスク4枚 特典ディスク1枚)/PPS-118129

価格:10,800円
(2014/7/11 01:49時点)
感想(0件)


posted by 大塚陽一 at 01:51 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・ヒーロースイッチ

2009年06月20日

特報!!悪のウルトラマン?!

失敗する人には2種類ある。

考えたけれど実行しなかった人と、

実行したけれど考えなかった人だ







ローレンス・J・ピーター






ウルトラマン・シリーズの実写映画最新版「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」が、今年の12月12日公開予定ということですが、今回の敵役は遥か昔にウルトラ一族でありながら、暗黒の力に魂を奪われて光の国で反乱を起こし、ウルトラマンキングから牢獄に封じ込められたウルトラマンベリアルだそうです・・・(^^;)


ultra_movie_belial3.png




・・・はい。



なんだか、スパイダーマンに出てきたヴェノム↓を彷彿とさせます(T、T)





仮面ライダーにも悪のライダーが出てきている昨今、そんなにおかしいことではないと感じられるかもしれませんが、大塚的には、正義の味方に名を連ねる者たちの中から悪の魂を持った者が現れるのは気持ち悪いなぁ・・・と思います。

やっぱり、悪いやつが成りすますニセ〜とか、ブラック〜というのがいいなぁ〜(^^;)




ultra_movie_title.png
posted by 大塚陽一 at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・ヒーロースイッチ

2009年05月08日

劇場版 超仮面ライダー電王&ディケイドNEOジェネレーションズ 鬼ケ島の戦艦







劇場版 超仮面ライダー電王&ディケイドNEOジェネレーションズ 鬼ケ島の戦艦」観ました。

予想通り・・・というか、やっちまったなぁ〜という感じです。

chou-den-o3nin.jpg

言いたいことは、山ほどあるけど、語りたいことは無い。

そういう感じです。

chou-den-o-tsukasa.jpg

ただ・・・侑斗とデネブの絡みには、毎度泣かされます。

yuto-denebu.jpg

まぁ、侑斗とデネブの再会シーンを観られただけで、1,800円分取り返せたかな?








posted by 大塚陽一 at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・ヒーロースイッチ

2009年02月22日

「剣客商売」大塚的理想の配役

小兵衛の性格については、

いろいろなモデルがあるのだけれども、

その風貌は旧知の歌舞伎俳優・中村又五郎をモデルにした





池波正太郎.jpg

        【池波正太郎日曜日の万年筆」より】



大塚が小説を読む時、どうしても登場人物を実在の俳優や人物の姿でイメージングしながら読んでしまいます。

映画の原作や、上記の通り登場人物の造詣に基づいたモデルがわかっている場合なら簡単なのですが、そういう先入観を入れる余地がまったく無い所見の作品を読む場合、最初に設定したイメージがページをめくる度に代わって行くこともしばしば・・・。



「剣客商売」については、小兵衛のモデルが又五郎さんであることがわかっていたし、大治郎についてもはまり役の加藤剛さんがいらっしゃったので、もちろん最初は、そのイメージで読んでいたのですが、小兵衛も大治郎も、段々別の俳優さんのイメージに変わって行きました。



それは誰かと言うと・・・
posted by 大塚陽一 at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・ヒーロースイッチ

2009年02月21日

中村又五郎さん逝く

よいか・・・



男というものは、それぞれの身分と暮らしに応じ、

物を食べ、

眠り、

かぐわしくもやわらかな女体を抱き・・・

こうしたことが、とどこおりなく享受できうれば、

それでよい。



いかにあがいてみても人は・・・

つまるところ男の一生は、

それ以上のものではない。



人にとって、まこと大切なるは天下の大事ではのうて、

わが家の小事なのじゃ。









              【池波正太郎さむらい劇場」より】





二代目中村又五郎さんが、本日午前4時10分に亡くなられました。

94歳だったそうです。

歌舞伎役者であり、重要無形文化財保持者(人間国宝)として有名な氏ですが、大塚的には、池波正太郎先生の代表作「剣客商売」の秋山小兵衛のモデルというイメージです。

nakamuramatagorou.jpg



映像作品では、これまでに小兵衛を演じた役者は、又五郎さんを含めて二人(山形勲氏と藤田まこと氏)居ますが、その作品を見るたびに、(やっぱり違う・・・)と思いながら観ていました。



本当に残念なのですが、「剣客商売」の作中では、秋山小兵衛も一歳違いの93歳の年に老衰で大往生しました。

奇しくも同じ逝き方だったので、シンクロじみたものを感じて、なんともいえない気持ちでニュースを読みました。

翁のご冥福をお祈りしております。






posted by 大塚陽一 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) |   ・ヒーロースイッチ
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。