2011年02月18日

子供の未来を奪い、心を殺す親


子供には批評よりも手本が必要である






joseph joubert.jpg


ジョゼフ・ジューベール








本日、予定通り「サッタモまちかど放送局」に出演してきました。


よかったら、録画をご覧ください↓







いやぁ〜どうもwebカメラの前でしゃべるのは難しいですね〜^^;

本当は、もっと丁寧にもっともっと深くお話したかったんですがねぇ〜^^;


中途半端になっちゃいましたね〜;

未熟だなぁTT




2009年08月27日

090827本日の「サッタモまちかど放送局」ゲストは、リコーダー・アースブリッジの「リコーダーの坊ちゃん」さんこと、原田大祐さん



本日の「サッタモまちかど放送局」は、妻がメインの日ではないのですが、とてもいいお話が聞けたのでアップさせていただきます!





オープニング〜妻もアナさんと一緒に・・・夏休みやゴキちゃんについて(^^;)







ゲストさんは、REB(リコーダー・アース・ブリッジ)リコーダーの坊ちゃんさんこと、原田大祐さんです!

5歳までの命か、もしくは一生マヒ状態との診断を受け、いじめ、不登校、引きこもり、自殺未遂、リストカット・・・様々な苦難を乗り越えた坊ちゃんさんのリコーダーの音色に、勇気をいただきました(^▽^)






2009年08月24日

090821(金)のサッタモ友の会:ゲストは私、大塚で「パパも大変」でした(^▽^)

どうも(^▽^)


遅くなりましたが、サッタモまちかど放送局に出演した時のログがアップされましたので、紹介します!


内容は、・時間がないご多忙パパにも出来る育児法・拒食症の赤ちゃんを救った触れ愛コミュニケーション法・自分で考える子に育つ魔法の一言「○○○○?」などなどです。







しかし、緊張しまくって大事な事が全然ちゃんとしゃべれてないですねぇ〜(^^;)

補足しないと分からないですよね〜(脱線ばっかりしてるし・・・)

また、次回機会があれば、ちゃんと補足もしたいと思います(^^;)



育児にどう参加していいか分からない、ご多忙パパさんや、パパさんに育児参加して欲しいママさんの参考になれば、嬉しいです(^▽^)







・・・しかし、画面で改めて見ると私、本当にデブですねぇ〜(TAT)

2009年08月21日

2009年8月20日(木)えりいの「サッタモまちかど放送局」ゲストは妹のちぃちゃん

2009年8月20日木曜日に放送した、えりいの「サッタモまちかど放送局」。

いつもの相棒アナさんは夏休み中なので、ゲストは妹のちぃちゃんでした(^▽^)




オープニング〜お盆の風習について〜地域や宗派によって、こんなに違うんですね〜???







ゲストのちぃちゃんと、こわぁ〜い話w|;゚ロ゚|w コワアアアアア!!
えりいの体験談と、リスナーの皆さんの体験談(^ー^;)






「博多弁まで通じんごとなってきたばいw」って突っ込まれてたなぁ

2009年08月02日

7月30日「えりいのサッタモ友の会」ゲストはブックマート西新店の副店長おきょんちゃんこと、小辻京子さん

7月30日放送分のサッタモまちかど放送局は、「サッタモ友の会」で、えりいのママ友であり、ブックマート西新店をご夫婦で経営されている小辻京子さんでした(^▽^)





オープニング・・・は、録画忘れでした(^^;)

えりいはアルツネタで、盛り上がっています(^^;)








ゲストさん登場!

イベント告知:モツ鍋腑腑さんとコラボイベントだそうです!

お子さんと一緒にお食事と絵本を楽しめるランチだそうです(^▽^)

日程:8月5日 午前 11時30分オープン 11時45分スタート!!

場所   もつ鍋 腑腑  092-823-1122 (担当 マタエさん)
 
参加費  親子2名様 1,300円(追加 大人700円、小人400円)

読み手  西新BOOKMART 小辻京子さん



コンセプトは「親子が一緒に楽しむ〜読んで、聞かせて、楽しくごはん!!」で、食事を待つちょっとの時間に絵本の読み聞かせを行い、お食事の後は紅茶とおやつで参加者さん同士が交流を深められる、そんなイベントだそうです(^▽^)

私たち夫婦も子供たちと参加予定です!皆さんもどうですか???




↑放送で読み聞かせしてもらった絵本は、「いつだってともだち」でした(^▽^)

読み聞かせって、大人になって聴いてもいいものですね(^▽^)








101310549001200008366_v0usyay1vw.jpg
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。