2009年02月18日

2009 HOME THEATER『大家族 in 櫻木家』

7年前に止まった柱時計の針が、今ゆっくりと動き出す。



athometheaterdaikazoku.jpg



今月の20日(金)〜22日(日)に大博多ホールで行われる「演劇集団フリーダム」さんのアットホームコメディ「2009 HOME THEATER『大家族 in 櫻木家』」に、愛する妻えりいが出演します(^▽^)

えりいは、フリーダムさんに所属しているわけではないのですが、今回はヘルプということで参加しています!

女詐欺師役ということで、プライベートでも、時々女詐欺師ぶりを発揮するくらいハマって役作りしています(^^;)






「2009 HOME THEATER『大家族 in 櫻木家』」

STORY

 櫻木家の母しのぶは、スーパーパワフル母ちゃんだ。

母ちゃんができる仕事は、何でもこなす。ときにはヤクルトおばさん、ときには大工、ときにはキャラクターショーの怪人・・・。

櫻木家の子ども達が全員成人した日、落雷の中、父ちゃんは漁へ出た。

そしてそのまま帰らなかった。

あの日から母ちゃんは、母ちゃんを辞めた。

櫻木家の子ども達は家を離れ、柱時計は時を刻むことなく止まった。

7年後、父ちゃんの七回忌の日に、あの時と同じように落雷が響き渡る。

一人の青年が櫻木家を訪れる。

ゆっくりと柱時計が動き出す、忘れた時間を取り戻すかのように・・・




会場:大博多ホール

daihakataholemap.jpg

福岡県福岡市博多区博多駅前2-20-1 大博多ビル12F


日時:

2009年2月20日(金) RED  19:00〜

2009年2月21日(土) BLUE 13:00〜

2009年2月21日(土) RED  19:00〜

2009年2月22日(日) BLUE 13:00〜



料金:
前売 2,500円
当日 3,000円




ダブルキャストになっていて、えりいはBLUEチーム所属ですので、21日(土)の13時〜と22日(日)の13時〜で登場します!

もし、お暇なら観に来てくださいね〜(^▽^)

団長の坂口先生と団員中村大悟さんに・・・

2008年12月23日

明日も「サッタモまちかど放送局」に妻が出演します♪

どうも〜(^▽^)

お陰様で、本日のランチ交流会も、無事終了いたしました!

ご参加いただいた皆様(マジシャンの前田祐一さんご一家。Hさんご一家。のぶりんさんとお嬢さん、そして遠路大川から駆けつけていただきました、ママさんサークルのご友人様。北九州からご参加いただいたアバターのKさん、ご近所Sさん)、参加したいけど、タイミングが合わずご参加いただけなかった皆様、本当にありがとうございました(^▽^)

また、次回大人のみ参加の交流会も、企画いたしますので、宜しくお願いいたします!




さて、明日24日(水)も、午後1時から「サッタモまちかど放送局」に、妻が出演します(^▽^)

今回のゲストは、ハリケーン湯川氏。

福岡の音楽シーンに詳しい方なら、きっと知らない人が居ないほど有名なギタリストです(^▽^)


(はりけーんゆかわ)本名:湯川武

ブルース、リズム&ブルースギタリスト。

アメリカ南部のブギ、ロッキンブルースや'50、'60年代のシカゴブルースを主に演奏。

'95年、シカゴ滞在時にはデイブ・マイヤーズ(シカゴブルース黄金期の主要ミュージシャン)など多くのブルースマンと共演。



現在R.C.O.B.または弾き語りで春吉「NAMAZU」、大名「B.B.」などでライブ活動中。

西新音楽スクール「ソウルミーティング」でブルースギターの講師を務める。



はい!

妻がライブなどで、歌うきっかけを作ってくれた恩人でもあります!



放送を楽しみに待っていてください(^▽^)




当日のログです↓



続きを読む
いつも、ご来訪ありがとうございます! またのお越しを、お待ちしておりま〜す(^▽^)/ 拙ブログ内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで記事の内容や感想を文章のみでは正確に伝えにくく、そのままだとかえって不誠実だと感じた場合、それを補足したいという点と、拙記事を通して、映画や音楽、絵画などの芸術、書籍、歴史への啓蒙と文化の熟成及び芸術復興を奨励したいという拙ブログの考えにより、 映画・音楽・絵画などの芸術や書籍などの学術研究・ゲーム等娯楽に対する敬意の姿勢で使用しております。 よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。 画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。 皆様のご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。